2017年07月13日

疎外感

誰しも人間が感じることのあるこの気持ち、決して落ち着いて対応できるものではない。それだけに疎外感を感じた人はネガティブ思考になってしまう。自分は相手にされていないのではないか、自分を外そうと考えているのではないかそんなつまらない考えを浮かべがちになる。疎外感はあくまで感情であって事実と異なることが多いのだが、それでも頻繁に起こるものである。

何か事を起こそうと考えるときに人は皆まわりを疑心暗鬼に探り始める。そこに解決できる確固たる情報はないと分かっていても人間の性というものだろうか。昨日で退職して四年が過ぎて人生これからどんなことが待っているのだろうか。自分ながら先の見えない不安が残るが前向きに対処してゆかなければならないと考えている。

現実の厳しさの中でなかなか思うように行かない中で不安定になりがちな心情を反映してかこの疎外感というものを考える。何としても自分の夢を実現させる必要があるだけにこのような考えが横切ることさえ許してはならないと思う。もっともっと自分を磨いて社会に貢献できるように成果を出してゆきたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする