2017年07月15日

童心に帰る

先日机の上に家族がComing Soonのメッセージと共に置いてくれたパンフレットのアニメ映画を上映二日目に見に行った。平日の朝一番だったこともあり映画館はガラガラで特等席に座って鑑賞することができた。就学前の女の子と母親、授業をさぼったか大学生数人、営業途中の販売員、高校生らしき女生徒数人、独り孤独を楽しむ人々、皆さんそれぞれに童心に帰って楽しんでいる。

その中にあって高齢者でありながらも、自分の年齢のことなどすっかり忘れて、その物語の発想と最近のアニメ映画に描かれたイラストの繊細さに驚いている。小さい頃に初めて接した白黒映画に感動したように、高齢者がアニメ映画の鑑賞をと皆に思われようが、童心に帰れる素晴らしい映画だと思う。現在の年齢を棚上げして夢中になって見入っている自分は仕合せものかもと思えた。童心に帰るということは何にも換え難い素晴らしいことだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする