2017年07月26日

思い出

思い出はどんなに苦いものであっても時間と共に常に良い思い出と変わってくる。それがあるから人々は歳をとると共に過去を振り返りたくなってくるのだろう。しばらく会わずにいた仲間の顔が浮かんでくると元気かと電話を入れたくなる。

毎年一緒に山歩きをする山仲間から、今年は誘いがないので連絡してみるとこの暑さで出掛けるのを秋口まで少々躊躇しているという。いつも元気な山仲間でも殆どが高齢者の部類に入っているので、皆の健康を気遣いながらの行動になっているらしい。

入社時から定年退職までの同好仲間として五十年近い間に何十回となく一緒に行動しただけに多くの写真と共に思い出が蘇ってくる。巨大な落石で危うく命を落としそうになったり、野生の熊に遭遇したり、高山病に苦しめられたり、道を間違え仲間の半数がダウンしたり、大きな荷物で歩けなくなったりと今では最も楽しい思い出に変化している。

不思議なことに山歩きは確かに苦しいことも多いが、頂上を極めたり、御来光に出会ったり、逆に満天の星空の下で過ごしたり、仲間と長時間語り合ったりと全てが良き思い出として残っている。勿論これからも山歩きだけでなく新しく始めた趣味仲間と思い出作りを続け愉しめる人生にしたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする