2017年08月11日

動機付け

仕事については以前にも書いたことがあるけれどどのように定義してよいものだろうか。確かに仕事は経済的な面から支えてくれたことは確かである。当初は日々の生活が苦しいほどの収入でスタートしたけれど、四十数年後は普通の生活に困ることはなく、ひもじい思いもすることはなくなった。しかし、あくまでも生活面でのことではある。

同様に動機付けという面から考えた場合はどうだろうか。特別な能力もないのに何かに上達し、それを利用したビジネスを夢見ていた。その一部が実現したのか、それとも未だに道半ばなのかわからないけれど日常の仕事として取組んできた。おまけに趣味の世界にも興味を持ち、少なからず其の方面にも手をのばし続けてきた。

これから先動機付けとして何が待ち受けているのだろうか。自分が求めるものがどのような形で実現するのだろうか。幸せなことにこれまでの自分の人生は運に恵まれていた。他人と比べ多くの面で不足していた自分が、今は其の他人同様に多くの仕事を得て楽しめたことも運に恵まれていたことではないだろうか。感謝・感謝である。

これまでを振り返ると自分に何を課すか、そしてそれをどれほど真剣に継続できるかが大きく成果に結びつく世界であることを知る。これまでに自分が成しえたことは他人から見ればたいしたことではないだろうが、自分にとっては過分なほど恵まれて来た。これからもしっかり前を向いて取り組む姿勢を持ち継続してゆくことが大切だろうと思う。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

志し考

人生において生きてゆくのに最も大切なことは志であると吉田松陰が述べている。幕末の変化の大きな時期において二年半という短い期間に松下村塾で沢山の逸材を輩出した其の考えは歴史に大きな足跡として残っている。これまで名前だけは聞いていたもののあまり関心を示したことはなかったが、本物に学ぶ生き方を読む中で知ることになった。

以前読んだ松下幸之助の開塾した松下政経塾も其の名残だろうか。歴史の中に何かを残して来た人というのは自分の考えがはっきりしている上に何かをなすのに迷いが少ないのかも知れない。自分の考えを広めるための手段として塾を創設して将来ある人々を集めて夢を語っている。平凡極まりない自分から見れば素晴らしいことでありうらやましくもある。

今回の吉田松陰の話は29歳という短い生涯の中の二年半という期間が明治維新からその後の政治運営に大きく影響を与えたとなっている。特に維新の起爆材となって我が故郷である薩摩をも動かしているという。其の考え方の示すところは大いに参考にすべきものであろう。当時とは全く違う社会環境ではあるが考え方の中に志が大切なことは変わらない。

身近な自分を振り返ってみるとどのような志があったのだろうか、これから先の志として価値あるものを持っているのだろうか。この歳になるまで夢中で過ごしてきたような気がするので、それなりの生活が出来たが、其の分歴史に残るようなものは殆ど無きに等しい。しかし、それもでも志が大事と言われれば、黙ってそうですねと答えるしかない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

好きな道

このところの台風5号による大粒の雨の影響でお花通りが活気ついている。早朝ウォーキングで毎朝通るお花通りからメタセコイア並木そしてバラ園と続くこの道は歩行者専用道路で車の来ない通勤・通学通りでもある。
DSC_1736.JPG

季節毎に植え替えられるお花は毎日道路を利用している多くの人々に“いってらっしゃい”と“おつかれさま”を惜しみなく投げかけてくれる。しかし、最近の暑さのせいか少々萎びた感じがしていたが、今朝は特別に元気になって皆を励ましているようだ。
DSC_1735.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

バナナ考

朝食で決まって食べる果物にバナナがある。退職してからほぼ毎朝、朝食の最後に食べる習慣になっている。最初にバナナというものがこの世にあることを知ったのは小学生のころに読んだ漫画の世界でのことだった。逃げ回っていた主人公がバナナの皮を踏んでスッテンコロリと体を宙に浮かせて見事に転がっている一コマだった。以来バナナの皮は滑りやすいというイメージが焼き付き初めて口にする小学生高学年になるまで続いた。しかし、当時最初に食べたバナナは現在とは大きく違い青みの残る半生で少々固くあまり甘くもない果物だったのでがっかりして殆ど口にすることがなかった。

それが大好物に代わったのは出張先のホテルの朝食でバイキング形式になったヨーグルトを選んだとき一緒に入っていた果物類の中にバナナを刻んだのが入れてあり、仕方なく食べたときこれまでのイメージが大きく変わってしまった。甘くておいしいバナナがそこにあった。なぜ同じバナナなのにこんなにも違いがあるのだろうと知人に聞くと、一般に青いバナナは熟して黄色になるまである程度待ってから食べるものということを知った。以来バナナは熟したものしか手にしなくなりそのおいしさを満喫している。しかし、残念ながら家族から糖分が多いので日に一本だけと厳しく咎められている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

同類者

夏ど真ん中、蒸し暑く、寝苦しい夜、唯一早朝ウォーキングがこの気分を吹き飛ばしてくれる。セミの声が一段と大きく聞こえる朝、毎年恒例になった住宅の70メータ前後の共有通路に、仰向けになって動けなくなっているセミ起こしも今週初めから始まった。

同様に近くの公園で体を動かす活動を始める人々が多くなるのもこの時期である。公園内の道路は毎朝商店街の道路と変わらぬ人出が続いている。殆どの人が見知らぬ人々である。そんな中に混じってここ数年毎朝夏だけでなく、厳冬の寒さの中でも見かける人々がいると軽く頭を下げてしまう。相手も同様に同類者と感じるのか軽く会釈して通り過ぎる。中にはお早うございますと、お互い挨拶を交わす人もいる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする