2017年08月13日

ギター上達には

あるブログにギターが上達するための3つの心構えというのがあり、興味深く読ませてもらった。それは初心者の私の悩みを的確に指摘しているような内容だった。

1.気長に取り組む事
ギターは気軽に始められる楽器ですが、すぐ弾けるようになるのでもない。最初のうちは上達に期待しすぎず、気長を念頭に入れておくこと。ギターの上達はインフルエンザ等のウィルスに似ていて、感染してもすぐ症状はでない。だけどある期間を越えると症状が現れ始める。ギターも一緒で、練習を積み重ねても、すぐに“上達”という症状が現れる事は少ない。それでも練習を積み重ねていれば、あるとき一気に上達する時がきます。“潜伏期間(練習積み重ね)⇒発症(上達)⇒潜伏期間(練習積み重ね)⇒発症(上達)”これの繰り返しで上手くなっていきます。

2.気楽に取り組む事
早く上達したい人は、毎日コツコツやること。練習の積み重ねという言葉がありますが、気合いを入れすぎても疲れてしまいます。極力毎日練習は積み重ねて欲しいですが、それを義務にしてしまうと長続きしません。すぐに上達する必要がないのであればギターを弾かない日があってもいいので自分の気楽なペースでゆっくりやることです。

3.楽しむための努力をする事
初心者のうちは、どんな練習でもまずは“楽しむ努力”をしましょう。最初はどうしても基礎練習が多く、地味でつまらない練習内容になりがちですが、これはある程度仕方のない事だと思います。しかし、基礎をしっかりやらないと、上達の伸びが短くなってしまうので、ある期間はある程度我慢して基礎練習にいそしむことが大切です。いつかきっと、自由にギターが演奏できるようになったときに、基礎練習の重要性が分かる事でしょう。自分が楽しんで演奏していなければ、聞いている人も楽しくなれません。普段の練習から、エンターティナーになりきって自分を楽しませる努力をしましょう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする