2017年08月14日

未来

殆ど使ったことの無いのがこの言葉だ。何かと知りたい気持ちはあるが、現実的な世界にどっぷり浸かっている中ではあまり考えもしなかった。ここに来て我が人生も残り少なくなり次をどのようにするかと考えるようになった。先人はそれぞれの道を楽しそうに話してくれるけれど、今の自分にはそれに値するものが殆ど無い状況だ。

人生を88年と考えていた自分だがそれから差し引けば残りが未来になる。その未来にどのような時間の使い方をするかで人生の満足度が大きく変わってくることだろう。これまで取り組んだ折り紙やギターが、自分の身につき常にそれらと共に過ごすことが出来たならば、我が未来は楽しいものになるだろう。それが今考えていることでもあるから。

心ある人や、人生計画のある人は幸せである。自分の思うところを十分に楽しみながら人生を過ごすことができる。それを示してこられた先人達の生き方はそれこそ大きな目標となって自分に希望を与えてくれる。未来、それが自分の宝としてゆきたい。そのために今何をするかを考えて行動してゆかなければならない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする