2017年08月29日

未知の世界に向けて

未知の世界でもその環境が整うまで心の準備を続けなければならない。天の味方なしには成果が生まれないだけに時が来るのと運命の女神が微笑むかが、自分の未来に繋がるだろう。どちらにせよ折角この世に生を受けた身なれば、何としても前向きな気持ちで明るく全うして行きたい。その間は趣味の世界を生きることもよしとして進めよう。

退職後はNHK文化センターで念願のギター練習に取組んでいる。以前は折り紙コースを受講している。いずれもが時間の経つのも忘れるほどに没頭できるものでうれしい限りである。何かと人の気持ちを推し量ることで気落ちしていることを忘れさせてくれる二つの趣味である。ギターは今回が年齢的にも最後のチャンスである。

折り紙経験は数年間ほどのものだが、それでも夢中にさせてくれる。最初は5cm四方の紙で小さく折ることから開始して今は創作折り紙に取組んでいる。創作折り紙は自分なりにイメージできるようになれば絵を描くようなものである。これを是非とも身に付けて楽しみたい。それまではより多くの折方を学び自分のものとして活用できるようになりたい。

人生に仕事以外に趣味の世界があることは大きな財である。仕事だけでは壁にぶっかった時の対応の仕方が分からないが、趣味の世界があることにより心の余裕が生まれるので足場を二つ持つことになり、少なくとも横に倒れるようなリスクはなくなる。残りは前後の注意だけとなり安心感が広がる。そのことが趣味をより高く押し上げる元となる。

posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする