2015年02月04日

Allegro M.Giuliani

演奏アドバイスは、アレグロは快速にという意味ですがこの段階ではあまり速くなくてもかまいません。アルペジオのp,i,m,aの練習目的で全てアル・アイレで弾きます。一小節目の3拍子は左手の中指2をおさえたままで、それを軸にして1と3を押さえますとある。模範演奏は本来のアレグロで演奏されていますが、アドバイスに素直に従い少し遅めの速度でひきました。後で聴くと薬指aの爪が少し引っ掛っている音になっている。残念。

posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 小品曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
録音してみると第三者の耳で自分の演奏を
聞くことができるので、いろんなことが見えて
とても勉強になりますよね。

aの指の音が気になられるのも上達されている
なによりの証拠かと思います。

爪の問題もあると言われていたので
上手く音をコントロールできるようになれば
ご自身が目指す音になっていくんだろうなぁと
思いながら聞かせて頂きました。

ありがとうございます。

Posted by アラフィフおやじ at 2015年02月04日 10:21
ササン様
いつも励ましのコメントありがとうございます。
ヨチヨチ歩きでギター練習継続中です。
これからもよろしくお願い致します。
Posted by Tommy at 2015年02月04日 11:37
それにしても、Tommyさんは、毎日、基礎練習を着々と進められるのには感心します。あと1〜2年でかなり上達されると思います。
Posted by おんごろ at 2015年02月04日 18:15
おんごろ様
やっとひじ痛が回復して練習を始められたのが嬉しくて少しずつですが毎日続けています。
ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2015年02月04日 19:32
こつこつと進んでいらっしゃいますね。
僭越ながら、半分ぐらいのテンポで丁寧に弾いてみるのも練習に取り入れてみるとよろしいかと感じました。
Posted by Estruch at 2015年02月04日 23:44
Estruch様
いつもコメントありがとうございます。
模範演奏は現在の倍速になって既に半分のテンポ
なのですが、それでもまだ指が安定しません。
繰返しの練習の必要性を感じています。
Posted by Tommy at 2015年02月05日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413447869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック