2015年02月18日

Moderato M.Carcassi

中ぐらいの速さということもあり比較的簡単に弾けるかと思ったが意外と苦労する。原因の一つは現在親指が不安定なためリズムが上手く取れないし、弾き間違いがしばしば起きた。全体が長くなるので繰返しも中止した。演奏アドバイスは全てアル・アイレで弾き、初めの8分音符ミの音が短くならないようにミ、ラ、ソ、ラ、シまで同じ長さで弾く。二小節目は和音と考えて、押さえた左手はその小節の間は離さない。六段目の三小節目は左手1と2を滑らせて1はA弦の3フレット、2はB弦の4フレットに移動させる。

posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 小品曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親指のクセが良い方向に向かいますように

今までの弾き方を替えるのはすごく時間が
掛かりますよね。

でもぜひ理想の親指の動きを手に入れてくださいませ。
Posted by アラフィフおやじ at 2015年02月18日 13:30
ササン様
家族サービスご苦労様でした。
単純な曲なのに親指が弾きにくて時間かかりました。少々不満足ですが、録音してみました。
コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2015年02月18日 16:58
カルカッシも基礎的な練習にはいいですね。
私は、先生からカルカッシの25の練習曲No1が、指慣らしに良いと聞いていますので、いつも練習前に弾いています。
Posted by おんごろ at 2015年02月19日 11:29
おんごろ様
いつもありがとうございます。
今年は岩見谷洋志編のクラシック小品集を
出来るだけ多く弾いてみようと思っています。
46曲ありますが、何曲弾けるようになるか
楽しみにしています。最初の内は易しかった
のですが、次第に時間がかかるようになって
います。
Posted by Tommy at 2015年02月19日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414213681
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック