2015年09月29日

読み違え

我が学生時代の昔から御茶ノ水界隈では楽器店が乱立気味にある。先日故郷会で出かけたので帰りに便利に立寄れると思っていたが、少し世の中の動きを読み違えていた。

以前と言って昔のことではなく1〜2年前まで、御茶ノ水の楽器店を何件か回れば必要とするものは殆ど入手できた。今回人気のある楽譜が欲しくて何件か尋ね歩いたが、殆どの店で置いていません、止めましたと言われてしまった。何件かのお店でその理由をお聞きしたところ、最近音楽に関する書籍類は全く売れなくなったのでどの店も置いていないという。アマゾンを筆頭にネット販売が主流で、皆さんそちらから買われていますとのこと。滅多に訪れることのない御茶ノ水の楽器店もエレキ、アコギ、管楽器、オカリナ、ウクレレ、中古品と言うような専門性を主張した店に様変わりしているように思えた。我が愛するクラシックギターなど目立たぬ場所でひっそりと販売されているようだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書籍のネット購入は時代の流れでしょうか

私も以前は楽器店や書店で楽譜を見つけようと
しましたが結局扱いが無かったり取り寄せに
かなりの日数がかかったりするとのことで
諦めたことが何度かありました。

ネットだと大概の楽譜も明日には届く
そんな時代になったのでしょうね

御茶ノ水 クラギの専門店もありますね

Posted by アラフィフおやじ at 2015年09月30日 10:55
アラフィフおやじ様

うすうすは感じていたのですが、回った店が全て同じような対応で改めてネット時代を再認識させられた気が致しました。アマゾンにでも口座作りますかね。ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2015年09月30日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426870644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック