2015年12月28日

社会奉仕

近くの公園で良く見かける立札に記念植樹と書かれて人の名前が複数書かれているのを見かけていたが、これまで気にも留めずにいたが先日覗きこんでみてなるほどと感心する。

記念の中には結婚記念日と書かれたものが多く結婚された日付がご夫婦の名前の後に記録されている。公園の植樹を進めるに当たり寄付を集め賛同された方々の最も記念すべき日と御両名の名前を立札にして植樹したのをいつまでも見守れるようにとの粋な計らいである。人生の節目となる数々の思い出をこんな形で残された人達の心優しさが伝わってくるようだ。以前公園が多い欧州で同じように複数の善意ある人々の名前を記したプレートが貼られたベンチが日当たりの良い場所に置かれていたのを思い出した。これも一つの社会奉仕の形と言えるだろう。ご参考 http://midori.ashikaga-mbs.or.jp/index.php/jinsei
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
記念植樹して緑を増やす・・・よいアイデアですね。
木の成長の楽しみと同時に思い出を残す。
我が家も、孫が子供の頃に、記念にミカンの木を植えたのですが、毎年、沢山収穫しています。
Posted by おんごろ at 2015年12月28日 08:32
おんごろ様

想い出につながる植樹は木の寿命が長いだけに
いつまでも記憶に残るものですね。
私の故郷には亡父が植えた富有柿、大木となった
シナモンの木、クリの木、柚子それにキンカンが
毎年実って良い思い出となっています。
Posted by Tommy at 2015年12月28日 09:38
Tommyさま
こんばんは。
社会奉仕・・・個人主義優勢の世の中で具体的なことは思い浮かんでも、精神的な事柄は漠然として浮かぶことがなくなりましたね。

植樹はどちらともに通じるベストチョイスのように思います!(^^)!

Posted by yukii at 2015年12月28日 21:51
yukii様

改めて気をつけて探すとこちらの公園には沢山の
立札が立っています。樹木はコブシ、ナラに交じって中には珍しいハンカチの木などがあります。名札があり名前もわかります。
Posted by Tommy at 2015年12月29日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック