2015年12月29日

講師の指導

先日のギター講座でカルカッシ25の練習曲1番を講師の前で弾いてみた。演奏上の指摘事項があり全てが納得の行くものだった。

低音の四分音符の長さが全体的に短すぎる、アルペジオとアルペジオの間を切れ目なくつなげること、和音を弾くときはタイミングを揃える等実に的確な指摘である。その後にアルペジオを如何のようにつなぐかを実演してもらい、左手の押さえは右手で弾くと同時に動かすことを指導してもらう。ポイントは左手を動かす直前に脱力することが重要だということを繰返し練習することで何となく感触を掴む。それにしても単にコード移動という事でも如何にスムースに動かせるかが演奏技術なのだと知らされた。それにしても道は長いな!
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギター演奏 一筋縄では行きませんよね

私も最初の頃、自分ができないことについて
要因がいろいろあるとおもっておりました。

しかし、演奏のポイントとなることは
そんなにたくさんあるわけではなく
アルペジオもトレモロもコード弾きも
右手の使い方は共通点があるのだなぁと。

スムーズな演奏はアマチュアのあこがれですものね。

頑張ってくださいネ



Posted by アラフィフおやじ at 2015年12月29日 11:10
アラフィフおやじ様

やはりプロのギタリストだけに指摘事項の改善が
出来れば素晴らしい演奏技術の習得につながる
のでしょうが、時間がかかります。
コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2015年12月29日 13:37
さすが、経験豊富な講師さんですね。
Tommyさんのブログも色々と勉強になります。
ありがとうございます。
Posted by おんごろ at 2015年12月29日 16:16
おんごろ様

ギター音色には厳しく爪の形と弾き方には毎回
指導を受けています。40年前後のレッスン歴が
あるので豊富な経験をお持ちのようです。
但し、生徒が高齢化しており上達が遅々として
おります。
Posted by Tommy at 2015年12月29日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック