2015年12月30日

寒波と富士

早朝起きて最初に窓のカーテンを開けて先ずは富士山のあるあたりから南アルプスへの稜線を見るのが習慣、見えなければ雨天かどうかを中学校の校庭で水たまりがないかを見る。

今朝は薄明りの空に雲一つない青空をバックに富士山と南アルプスの稜線がくっきりと見える。これから正月にかけた今の時期が最も綺麗に見える頃かも知れない。特に寒波が押し寄せて来た朝は山々の稜線が実に見事で身震いがする。この後のウォーキングが実に冷え込むので自然と気持ちが引き締まり身震いする。

DSC_1070.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
雪が積もった富士山は綺麗です。
一昨日、東京から帰ってきた孫が、車から取った富士山の写真を見せてくれました。
富士山を見ると、また登りたくなりました。
Posted by おんごろ at 2015年12月30日 10:28
おんごろ様

最近は連日富士山が見えるようになりました。
それだけ冷え込んでいるのかもしれません。
やはり富士山はひときわ高くそびえているのが
良くわかります。コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2015年12月30日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431840217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック