2016年01月28日

一日一日

<今日も、生涯の一日なり。>

福沢諭吉の言葉だと言われるこのことばは受け取る人の環境により意味が大きく変化する。現役時代には期限の迫った仕事や人間関係に追われ続けていて次々とこなして行くことで日々の生活が成り立っていた。それだけに自分自身について考えることも少なかった気がする。

高齢となり退職して時間に追われるような生活とは無縁の生活に入ると逆に時間を持て余すことが多くその過ごし方を考えるようになった。そんな中でこの言葉を知ることとなった。時間に追われるだけの生活が人の生涯ではなく、じっくりと人生を振り返る時間も大事な一日であると教えられた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Tommyさま
こんにちは。
時間に追われないで時を過ごすことは理想でありますが、追われなれた生活が当たり前になった身には、戸惑いますね^^

種子島に住んでる方と知り合いになりましたが、その方が見せてくれた紹介の映像を見るといろいろと感じます。そこに生まれてたら、ゆっくり自分のペースで何十年かの人生を生きることになっただろうとか、反対に都会に出たくて必死になっただろうとか、、、その時の時代背景もあるから何とも言えませんが。

確かなのは『今日も、生涯の一日なり』という事実だけですね。
感慨深いです。(・_・D フムフム
Posted by yukii at 2016年01月28日 13:34
福沢諭吉の名言で、「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」が有名ですが・・・
「今日も、生涯の一日なり」は、一日たりとも無駄に過ごすと勿体ないという諭吉の思いが伝わります。
最近の政治家は、お金で動きますが、昔の人は偉大な人が多いですね。
Posted by おんごろ at 2016年01月28日 13:56
yukii様

時の流れとともに自分の環境も変わってきます。
それに合わせて考えも変えられればストレスを
感じることなく過ごすことが出来れば嬉しい。

昔流行ったケセラセラ、世の流れは自分では
コントロール出来ないが自分に満足する考え方
を取り入れて行ければありがたいですね。

コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2016年01月28日 14:49
おんごろ様

昔からある名言や格言というものは自分のどこか
に共鳴するところがありますね。そして迷って
いるときは考え方への道しるべになります。

残りの人生は愉しむことに向かってフル回転
出来ればありがたいです。

いつもコメント有難うございます。

Posted by Tommy at 2016年01月28日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック