2016年03月30日

弾き方変更

親指が安定して弾ける角度まで手首を曲げて親指を主体として弾く方法に弾き方を変えるというアドバイスを受けたのを試して見る。

この二年半の練習を振り返ると親指を下に押し下げて弾く練習を続けたためにどうしても力が入り親指を弾くたびに大きくなり動きが遅くなることも原因の一つであるのを確認。そこで親指を殆ど動かさず伸ばしたままで弾ける位置まで手首を反時計方向に傾けると、ほぼ弦と平行になる位置にあると親指を殆ど動かさずに弦が弾ける。そこで手首を固定して弾く練習に切り替えて無理のないようにゆっくり弾いてこの一週間様子をみることにした。果たしてどのような効果が出るか楽しみである。ギターって本当にデリケートだ!
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姿勢や手の角度やギターの角度を変えることによって、トレモロも弾きやすくなったり弾きにくくなります。長く弾いても疲れない無理のない角度が良いと思いますが、中々難しいですね。
Posted by おんごろ at 2016年03月30日 07:59
おんごろ様

ギターも弾き方や構え持ち方が少し違うと上手く
弾けないと良く聞いていましたが、これまでは
初心者のせいかその違いに気づいていません
でした。

今回トレモロを練習するようになって指の弾き方
が変わると全く弾けなくなることをしりました。

ギターは実にデリケートな女の子のようですね。
Posted by Tommy at 2016年03月30日 09:16
Tommyさん

いろんな気づきが増えてこられたのですね

それだけいろんなギターを弾く知識が
増えられたということでもあるかと思います。

ギターを弾くってほんとデリケートな部分が
一杯ありますよね。

親指が弦と並行になる構えにする時
薬指が思いのほか深く弦にはいることも
あるかもしれませんので気を付けてみてください。

Posted by アラフィフおやじ at 2016年03月30日 12:51
アラフィフおやじ様

驚くほど動かなくなった右手ですが、初心者で
最初にギターに触ったような感覚です。

練習の過程にはこんな大きな壁もあるもの
あるのかと思うとおやじさんを含め弾ける
ようになられた皆さんは素晴らしいです。

何時も励ましのアドバイスありがとうござい
ます。
Posted by Tommy at 2016年03月30日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック