2016年05月30日

校内放送

それは小学校6年生の時の全体朝礼で校長先生の訓話直後、校内放送として立ち上げた初日のラジオ体操の時間での出来事だった。

今もそうだが小学生のころは特におとなしく自分から積極的に発言することも行動することもないおとなしい性格だった。その自分が6年生の或る日、担任の先生が校内放送を生徒だけで運営することになったので誰かやりたい人はいないかと言う話がでた。どうした訳か真っ先に手を上げ大きな声でアピールする自分がそこにいた。担任もビックリだったのか勢いに任せてしまったようである。最初の仕事として全員が行うラジオ体操を当時レコードに合わせて行うようになっていた。

見よう見まねでレコードを回転させ針をレコード盤に載せて順調にラジオ体操がスタートした処までは良かったのだが、ラジオ体操が終わった後のレコードの止め方がわからず途中でどうするのかなと心配になっているとき仲間の一人が針を指で持ち上げるだけじゃないと言った。ラジオ体操はまだ途中であったが、気になって指を針の近くにもっていきこんな感じかなと確認するつもりが実際に針に触れたため針が盤上で飛び途中で終わりになり慌ててもとに戻した全校生徒バラバラの体操になってしまった。早速呼び出され名誉ある校内放送もその日の内にくびとなり、次の日から元の先生運営に戻ってしまった。たった一日だけの情けない校内放送係りだった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはははおかしい
昔はそうですね、カセットテープもCDもない時代
いきなり本番で持ち運びのできるレコードプレーヤーでレコードに針を置くなんて緊張する作業をやってたんですね〜
それにしてもTommyさん、度胸がでるんですね

普段おとなしい人がブレイクすると
みんな虚を突かれて道を開けますねえ^^
Posted by ayoko at 2016年05月30日 12:44
ayoko様

若さというのは未だ何も定まっていない時期で
どんなことが飛び出すか自分でもわからない
ことが良くありましたね。

私の場合、殆どが失敗につながって振り返ると
今では良い思い出になっています。
Posted by Tommy at 2016年05月30日 21:05
私も小学校の修学旅行で伊勢へ行った時、旅館で風呂へ・・・
ところが、途中で着替えを忘れたことに気が付き、戻って、走って風呂へ・・・
脱衣所を開けると、そこは女子が入っている女風呂。
そのあと、案の定、引率の女の先生に怒られました。純情な子供だったから、セクハラではないですよね。ただ、間違っただけなのに・・・
今では笑い話になります(^-^♪
Posted by おんごろ at 2016年05月30日 22:41
おんごろ様

一寸した出来事なのに当時の記憶が鮮明に残る
ことがありますね。

家族に言わせると年とるとむしろ昔のことを
良く記憶しているそうで最近のことは直ぐに
忘れてしまうとのことです。

コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2016年05月31日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438403904
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック