2016年06月30日

暇を見つける

暇を見つける最も優れた方法は、規則正しく仕事することだ。すなわち、断続的にやるのではなくて、一定の時間をきめ、ただし日中の時間で夜の時間ではない、一週に六日働くことである。これは五日でも、七日でもいけない。夜を昼と間違えたり、日曜日を仕事日にしたりすることは、絶対に時間と働く気力とを失う最上の方法である。数週、数カ月にわたるいわゆる「骨休み」も、それをまったく文字通りに取って、いっさいの仕事を完全に止めるという意味ならば、むしろ考えものであろう。ヒルティの言葉、希望と幸福より
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒルティの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昼と夜は間違えませんが、日曜日も出ることもあり、不規則な勤務で、曜日は時々間違えることもあります。
暇を見つけることが出来ないし、ギターに集中できない理由が分かりました。
Posted by おんごろ at 2016年06月30日 13:05
おんごろ様

三年振りの山歩きで今朝はさすがに疲れていま
す。この歳になると以外と疲れが残るものです
ね。それでも昔の山仲間と楽しい時間を過ごす
ことができました。
Posted by Tommy at 2016年06月30日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック