2016年07月30日

楽譜の著作権

同好のクラブ仲間と一緒に練習するとき、素敵な演奏を聴くと自分も弾きたくなります。そこで楽譜のコピーが欲しくなり演奏曲のコピーを気軽にお願いすることがある。

しかし、ブログ仲間でもそうだが意外とこのコピー依頼は落とし穴である。自分はもらうだけなので気にせずにいたが、依頼される方には気を付けないと意外と厳しい著作権なるものが存在している。このことを忘れて親切心から仲間のためにと思い込んで積極的にコピーして上げるのは少々問題があるようだ。先日たまたまある人に或る曲のコピーをお願いしたら少々困った顔をされたのでどうしてだろうと思い調べたところ楽譜コピー問題協議会というところがありそこにコピーに関するQ&Aなるものが出ていた。
http://www.cars-music-copyright.jp/qa.html
http://taratara-music.com/gakufu-copy-2203.html
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
練習用の私的利用のコピーならいいですが、演奏会用で使用する楽譜のコピーはダメというのは、曖昧ですね。
ソロの場合は全て暗譜するので問題ないですが、アンサンブルの場合、演奏会のために私的練習用にコピーして練習します。
この時点ではOKですが、当然、楽譜はそのまま演奏会で使用することになり違法となってしまいます。
Posted by おんごろ at 2016年07月30日 09:46
著作権以前の問題として、他人から楽譜をコピーしてもらうという行為(根性)をあらためたほうがよろしいかと思います。

その人は多大な時間を費やし、かつ、お金をかけてその楽譜を入手したのかもしれません。そのことに想いは至らないのでしょうか?

楽譜は自ら探して自ら投資すべきです。他人にねだってもらうものではありません。
Posted by Estruch at 2016年07月30日 12:15
おんごろ様

初心者の集まりでは著作権などは話題にならず
これまで以外と寛容なところがありますが、十分
な注意が必要だということですね。

当分は買い込んだ楽譜が沢山あるのでまずは
そちらから少しずつ練習して他人からコピー
貰うのはは避ける方がよさそうですね。

ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2016年07月30日 16:24
Estruch様

ご指摘ありがとうございます。基本的にはこれ
までも殆どの楽譜は自分で購入していますが
たまたま市場で探してもない楽譜というのを
お持ちの方がおられ、いただけることになった
時のことでしたので今回少し気になり色々調べて
みました。いつもご指導ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2016年07月30日 16:32
音楽には著作権が存在していますし
プロの方は著作権で収入を得ていますし・・

なので、いっそのこと弾きたい曲は耳コピする
というのはいかがでしょう^^

これなら楽譜をもらうことなく
自分で弾く分には問題ないでしょうから

耳コピというと、それは無理 と言われそうですが
最近は動画もありますし、少しずつなら楽しめるかもしれませんよ

Posted by アラフィフおやじ at 2016年08月08日 17:14
アラフィフおやじ様

耳コピとは思いつきもしませんでした。
高齢難聴の私には相当ハードルが高そうです。

しかし、無いと思っていた楽譜も探せば結構
見つかるものですね。巷では殆ど見つからない
だろうと言われていた秘密の楽譜が入手出来
ました。それは国会図書館でした。

コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2016年08月09日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック