2017年02月25日

自由の側面

自由という言葉は如何様にも取れる言葉だ。それこそ何でも何の束縛もなく気ままに振舞っていいと言うようにも取れるし、大きなリスクを目の前にして、進むか避けるかを選択するようなときでも使う言葉である。人生の中で幾度となく使ってきた自由と言う言葉は、その時々でどちらに属したのだろうか。圧倒的に自由気ままの方に使ってきたような気がする。ましてはリスクを取るような場合は他人への責任転嫁で進めてきたと思われる。

自由という言葉は時には重くのしかかるし、無責任にもつながるものである。自分の人生をどう選択するかは最終的に自分に跳ね返ることであり、他人に向ければ結果に責任を持たないものである。そんな中で今ある自分の生活も選択の自由の中から生まれてきたことであり、他人の失敗に対して影響したとすればそれは責任を果たしたことにならない。

日々の生活の中にどんな立場で向かうかということは、その人個人の将来にかかってくることだが、至って人間はそのことに気づきにくいと思う。時として何の兆候もないのに大きく悩むことがあったり、危機が目の前にあっても気づかなかったりとする。いずれも起きうる人生の出来事ではあるけれど、悲しい人間の性かもしれない。

自由という言葉の意味を知り確実に成果を出せる人間は少ない。それだから仕事の成果を図るにどれだけ自由という言葉を理解しているかを知ることも面白い。自由ということはそれだけで多くの思いが浮かんでくる言葉でもある。実に面白く深みのある言葉でもある。
自由万歳と叫ぶ言葉の裏にはそのような気持ちもあるのかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447303703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック