2017年02月26日

真理は共通

好きなギター練習がほとんど進歩しない状態では、色々と考えることも多い。特に退職後の高齢で始めたこともあり残りの人生を考えると、愉しめる時間も少なくなってくるので少々焦り気味になったり、もう少し若い時期にスタートしていたらと思ったりしていたら、自然と目に入って来た言葉である。どこの国でも真理は共通するのだろうか、もう少し余裕をもって練習に取組めるようにしたいものだ。

<<焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役にたたない。前者は過ちを増し、後者は新しい後悔をつくる。 ゲーテの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
山登りでも、すぐに高い山に登ることは体がついていけません。低い山から徐々に高い山へ体を慣らさなければ途中でダウンすることになります。
基礎練習も大事ですが、単調だと飽きてしまいます。
短い曲でも綺麗な曲が沢山ありますので、楽しみながら簡単で気に入った曲をすることと、何かの目標(演奏会など)があると、さらに意欲が湧いてきます。

Posted by おんごろ at 2017年02月26日 08:10
おんごろ様

おはようございます。

何時も的確なアドバイスを頂きありがとう
ございます。

今年は年末の発表会を目標に現在10名ほどの
仲間とトレモロ曲を弾くのを目指しています。

どこまでやれるか楽しみにしています。
Posted by Tommy at 2017年02月26日 09:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック