2017年03月25日

後輩

米国に移り住んだ後輩がいる。後輩といっても同じ出身県で同じ会社に勤務した事のあるというだけの関係ではあるが、その行動力には脱帽するだけである。入社後2-3年経った後だろうか、盲腸の手術をすると聞いた。それも何も悪くないのだが、これから米国にゆくので発病したら困るからという理由だけである。本人の後ばなしによれば、当時は飛行機が高額であったため船で一ヶ月ほどかけて米国に渡ったとのこと。

現地の日本人技術者を伝にアルバイトを続けながら、起業したばかりの会社に勤め始めたところ、本人の技術が生かせることになり、ハンデイタイプのプリンターを有名なフェデラルが採用し飛ぶように売れ年商60Mドルにも成長したとのこと。オーナーが売却したのでその金の一部が自分にも入り住宅を買い、仕事しなくても生涯生活できるだけの金を得たとのこと。アメリカンドリームを実現した男である。

ひょんなことから連絡先を知ることになり電話で話す仲になったが、これまで30年以上ご無沙汰していて自分には日本で勤務中の若い頃のイメージしか残っていなかった。驚いたのは自分が全く考えもしなかった米国に移り住むという意志であった。気持ちはお互い通じるものがある。今は家族四人のんびりした生活を続けているようで嬉しい限りである。

人生どのような展開が待ち受けているのか計り知れないが、これまでも多くの後輩が通り過ぎて行ったけれど、これといった人生を送れている人は少ない。彼が今最も輝いている人物かもしれない。そう思うと何時までもアメリカンドリームを示し続けて欲しいと願わずにはいられない。そしてこのままのんびりした生活を送りとおして欲しいものだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック