2017年03月30日

気力と体力

以前と違い体力が気になりだした。自宅でのんびりしているもののスッキリしない気分である。早朝ウォーキングで公園を廻っても何とはなしに力強さがない気がする。以前ならば体が軽く何か飛んでいるような気分であったことを思えば大きく変わってきている。寒さだけでなく、何となく体が重く感じられ歩く速度が遅くなっている気もする。

こうなると全てに気力が落ちてくるのがわかる。物事の考え方に弱気が入り込むようになってくるから面白い。そういう面からも体力というのは意思の方向さえ変えさせるほどの力があるようだ。体力を維持向上させることの大切さを今つくづく感じられずにはいられない。これからも何かをなさねばと考えているに今体力の向上が必要だ。

加齢と共に体力の衰えは自然なことかもしれないが、気持ちだけでも若さを保ち続けることで体力の衰えを防ぎたいものである。まだまだやりたいことも多く、それらの実現には時間のかかることでもある。一方体力は落ちても気力は本人次第と言われるので、何としてもこの時期を乗り越えて行くことが大切だろう。

いずれにせよ大事なことは正しく自分が納得できる解決策を見つけて、実行することで自分自身の気力を取り戻すことが必要であろう。その気力をベースにした体力があればこそ正確な判断と実行力が伴うのではなかろうか。自分に今それを感じさせるようになったのは気力を取り戻すために何かを継続して行いなさいということではないか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体力を付けるには、無理のない運動とバランスのとれた食事、質のある睡眠が必要です。
無理のない運動はウォーキングが良いですが、毎日、同じコースでは厭きてしまうので変わったコース、知らない街を歩くことも新鮮ですね。
おととしの9月から、夜勤の前のスポーツジムを週1回程度の無理のないペースで続けて、早いもので1年半になりました。
気力を失わないために何事も楽しみながら行動するようにしています。
まだまだ、これからが人生の楽園です。
いつまでも健康で楽しみましょう。
Posted by おんごろ at 2017年03月30日 10:41
おんごろ様

自分では未だに20代のころの運動能力と健康な
つもりでいるようで時たま失敗して体力の衰えを
再認識したりして、健康のありがたさを感じています。

退職してからほぼ毎朝早朝ウォーキングをつづけ
ています、目標は地球一周と同じ距離を制覇する
ことで、若い頃のジョギングを含めて現在約半分
ほどです。残りの人生で是非達成したいと思って
います。

愉しみのギターは遅々として上達せずおんごろさんの活躍を羨ましく思っております。

コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2017年03月31日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448515765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック