2017年04月03日

愛器入院

先日入院中の親戚のお見舞いやら告別式でしばらくケースに入れたままの愛器が入院してしまいました。全治三週間前後という事で又暫く会えない状況になってしまった。やっと寒い冬場を脱する季節になり、これから思い切り練習が出来るかと思っていた矢先に、親戚に同情したのかケースをあけてビックリである。弦にぶら下がっている駒を見て一瞬何が起こっているのかわからなかったが、楽器店で確認してもらったところ長期入院が必要な事故だということで三週間前後入院することになった。
DSC_1570.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下駒(ブリッジ)が外れることもあるのですね。
弦の張力は、かなりの強さですので、駒の接着強度が弱ければ、跳ね上がって怪我をすることもあるようです。
とにかくお怪我かが無く良かったです。


Posted by おんごろ at 2017年04月03日 13:01
おんごろ様

色々用事が重なってケースに入れっぱなしだった
のでケースを開けたときはどうなっているか
心配でしたが、接着だけの問題で修理可能との
事で三週間ほどかかるようです。

楽器店の話では接着剤が一部不足していたようで
時たまみられるそうでした。
Posted by Tommy at 2017年04月03日 19:54
OH〜(;_;)

初めて見ました・・・びっくりです
お留守の間にケースの中ですごい音がしたことでしょうね

わたしの1台目も少し浮きかかっていましたので
数年前に治療しました。

こういう時ってむしょうに弾きたくなりますよね、早く帰ってきてほしいですね。
そしたら トレモロ練習開始ですね
Posted by puni at 2017年04月04日 23:38
puni様

このところ練習も進歩が見られず少々落ち込んで
いたので誰かが少し休んで気分転換するようにと
計ってくれたのかなと考えています。

その分ユーチューブで他人の演奏を出来るだけ
多く聴けたらと思っています。

コメントありがとうございます。
Posted by Tommy at 2017年04月05日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448653664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック