2017年04月13日

テレビ見始め

今日は何の日という放送を毎朝聴いている。4月10日の放送は皇太子(今上天皇)(25)と美智子妃(24)の御成婚パレード。53万人の観衆。ラジオ・テレビで実況中継(1959)があった日とのこと。

当時はやっと物心ついた時期だったが、今でも覚えているのは故郷の小さな子沢山の貧乏村で最初にテレビを購入された家が誇らしげにテレビについて村中の人々に説明されていた。放送ではテニスで結ばれたお二人で、美智子妃は初の民間人から皇室に入られるとの説明だったと思うが、農業以外何もない小さな村では皇室が、テニスが、パレードがと説明されても何かもわからず、物珍しさもありただひたすら小さな画面の白黒テレビを村人の間から食い入るように見ていた。

あれから半世紀以上経ち、テレビは日常生活の中に溶け込んでしまい特別なものではなくなったが、故郷の村は当時よりさらに過疎化して実況中継に村中の人が集まった家も今はなく荒れ地となっている。世の中の動きは目まぐるしく進化しているが、栄枯盛衰は人間の常とは真実をついた言葉に思えてくるこの頃である。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック