2017年04月14日

八年前の今日

時の流れは加速するようで、この日からの8年間はあっという間の出来事のような思いである。若い頃から日記をつける習慣があったことで、今はそれが加齢と共に薄れゆく記憶を思い出すのに役立っている。残念なことは、当時熱帯植物が好きで良く通った温室植物園がなくなったことである。そして今はそれがバラ園になっている。

<<晴れの日曜日久しぶりに運動靴を履きカメラを持って外に出てみた。何とあたたかい陽射しだろう。これまで休日となると引きこもりを続けてきたのが、勿体無い気持ちでいっぱいになってしまった。自宅マンションのすぐしたが、四季の香公園でいろいろな花が咲き乱れている。もう桜は散ってしまったが、スミレが彩りを添えて道端に咲いている。

これも久しぶりだろうか温室植物園に入って熱帯植物を見て廻る。こちらも見られない花を咲かせて活き活きしている。ひとしきりカメラで写真をとりまくる。その後、中庭で絵筆を持ってそれぞれ思い思いの絵を描いている年配の方々の前を通り、花と緑の相談室で行われている盆栽展を見学する。何かと詳しいお年寄りが、一つ一つ解説をしながら案内しているのを隣で聞き耳を立てる。いつか仲間に入れたら嬉しいものだ。

これまで散歩といっても自転車でのサイクリングが殆どであった。広い公園内を端から端まで自転車に乗って廻るだけで、何の会話もなくただペダルを踏んでいた。それでも気分転換にはなって一応の満足は得ていたが、今日は思い切り運動靴で歩いてみた。公園のベンチにも座ってみた。花の写真も撮ってみた。旧友にも電話してみた。大きな木下で蟻と戯れた。全てが春の暖かさの中の出来事になった。

散歩は退職後の楽しみの一つになりそうだ。自然の中に生まれ出る生き物や植物が、自分の気持ちをやわらげてくれる。神が全ての生物に与えられたものの中で、ゆとりある散歩ほど気持ちの良いものはないだろう。特に、自分のように生きて来た人間には、節度ある人生であったことが、今日のような散歩を、最高の贈り物として受け取れることが嬉しい。>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック