2017年04月21日

愛器退院

先月末に修理に預けた我が愛器であるギター、修理が完了したという電話連絡があり受け取りに行った。全面剥離した駒の再接着と一部汗で落ちてしまったセラックニスの再塗装だったが、一月ほどのご無沙汰だった。

受け取っては見たものの、駒の接着力が十分に強度を取り戻しているかどうか気になっている。弦が張られていなかったので、今しばらくリハビリを兼ねてゆっくり休んでもらおうかと思っている。それに昨年の夏の暑さが原因だろうと思うが、汗でセラックニスが痛んでいたのに手を入れて頂いたこともありそちらの乾燥具合も少々気になるところ。以前練習に利用したエレガットが健全で便利なこともあり、それまでは今しばらく使用することにした。それにしても楽器の修理代金は高い気もする。
DSC_1593.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
修理が完了して良かったですね。
一度、外れると気になるものですが、修理後は保証期間もあると思いますので、保障期間を確認されて、弾きながらボディチェックしてみてはいかがでしょうか。
Posted by おんごろ at 2017年04月22日 11:19
おんごろ様

時間が掛かりましたが受け取ってきました。

早速、息子がプレゼントしてくれたレモンオイル
で全体を丁寧に拭いてあげました。

考えてみれば購入してから初めてのことでした。

あらためて見てみるとあちこちに傷だらけで
如何に荒っぽく扱っていたか反省です。
Posted by Tommy at 2017年04月23日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449169018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック