2017年05月02日

朝の牛乳一杯

決まって飲むのが朝食後のコップ一杯の牛乳である。加齢が進むとカルシウム不足が生じて骨がもろくなり、折れやすいからと進められていやいやながら開始したものだが、このところこの一杯が無ければ落ち着かなくなってきた。

知合いの人が尻もちついただけなのに骨盤にヒビが入ったとか、足の骨が折れて長期入院を余儀なくされたというような話が伝わってくる度に薦められていたこともあり、洗脳されてしまったようで、退職後は飼いならされている身では逆らえずに飲み続けていた。

若い頃は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして苦手としていたが、最近は腸内に新しく酵母が出来たのかゴロゴロすることはなくなり美味しく感じるようになった。退職後に始まったこの朝の牛乳一杯が朝食時に欠かせない飲み物となっている。それに足の骨を折って寝込んでしまってそのまま立ち上がることなく召されたくない一心でもある。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック