2017年05月07日

モンゴル祭り

五月の連休は毎年恒例のモンゴル祭りが、光が丘公園で行われる。多くの特徴あるテントが公園の広場で何十張も準備万端だ。モンゴルがこれほど注目されるようになったのは恐らく大相撲が大きく貢献しているのだろう。

もともとモンゴル相撲も歴史が長く日本の大相撲と通じるところがあるのだろう。モンゴルから多くの若者が日本の相撲部屋に弟子入りして成功して来たことが、これだけの催しを開催することが可能になってきた理由の一つだろう。現役の横綱を含む関取衆が毎年顔を見せているようで、大きな体つきの人々が参加されているのを良く見かけます。

住民が高齢化して若者の数が減少した公園都市の光が丘、インターナショナルスクールも開校しているので各国の若者が集まる国際的な街となってさらに発展して欲しいものだ。
DSC_1630.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449631052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック