2017年07月13日

疎外感

誰しも人間が感じることのあるこの気持ち、決して落ち着いて対応できるものではない。それだけに疎外感を感じた人はネガティブ思考になってしまう。自分は相手にされていないのではないか、自分を外そうと考えているのではないかそんなつまらない考えを浮かべがちになる。疎外感はあくまで感情であって事実と異なることが多いのだが、それでも頻繁に起こるものである。

何か事を起こそうと考えるときに人は皆まわりを疑心暗鬼に探り始める。そこに解決できる確固たる情報はないと分かっていても人間の性というものだろうか。昨日で退職して四年が過ぎて人生これからどんなことが待っているのだろうか。自分ながら先の見えない不安が残るが前向きに対処してゆかなければならないと考えている。

現実の厳しさの中でなかなか思うように行かない中で不安定になりがちな心情を反映してかこの疎外感というものを考える。何としても自分の夢を実現させる必要があるだけにこのような考えが横切ることさえ許してはならないと思う。もっともっと自分を磨いて社会に貢献できるように成果を出してゆきたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもいつも疎外感を感じています

時には思い過ごしの疎外感の場合もありますが
リアルの事も増えました


でも もしかしたら思い過ごしかもしれないと
自分に言い聞かせて耐えています



みんな 同じなのね・・・と
思いました
元気のでるお話しでした
ありがとうございます
Posted by puni at 2017年07月13日 19:37
puni様、こんばんわ。

今週はこちら関東でも熱帯夜が続いています。

こんな日は寝不足でついつい昼間に強い眠気に
勝てずにユーチューブのリラックス音楽を聴き
ながらいつの間にか夢の仲です。
https://www.youtube.com/watch?v=UC5A3NIFDPc

高齢になるまでいろいろそれなりの経験を積んで
来たはずなのに未だに達観できないわたしです。

これからも続くことだろうと思いますが、それも
又愉しみに変えて行けたらと思っています。

ご訪問ありがとうございます。
Posted by Tommy at 2017年07月13日 21:48
人は皆、孤独です。
私の場合、友人がいると言っても、趣味や遊び友達は年が離れていて価値観も違います。
やはり、一番信頼でき相談できる友人は配偶者ではないでしょうか?
それに血がつながった子供、孫たちがいることで疎外感が無くなるのではないかと思います。
かけがえのない家族は大事にしたいものですね。

Posted by おんごろ at 2017年07月14日 08:36
おんごろ様

おはようございます、家族の大切さは私も実感
しておりいつも助けられています。

残念ながら孫はまだですが、いつかはと期待して
待つことにしています。

最近は一週間さえ以前に比べ極端に短く感じられ
もう少しゆっくり愉しみたいのですが・・・
Posted by Tommy at 2017年07月14日 09:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック