2017年08月02日

暇を見つける

<<暇を見つける最も優れた方法は、規則正しく仕事をすることだ。すなわち、断続的にやるのではなくて、一定の時間をきめ、ただし日中の時間で(夜の時間ではない)、一週間に六日働くことである。これは五日でも、七日でもいけない。―――夜と昼を間違えたり、日曜日を仕事日にしたりすることは、絶対に時間と働く気力とを失う最上の方法である。数週、数か月にわたるいわゆる「骨休み」も、それをまったく文字通りに取って、いっさいの仕事を完全に止めるという意味ならば、むしろ考えものであろう。ヒルティの言葉より>>

若いころ暇を見つけるのは何かを止めて時間を作ることだと考えていたもので、当時彼の言葉はあまり響かなかった。しかも、世の中の流れは週休二日制に移行する話が持ち上がっていたこともあり時代が違うと考えていた。しかし、この年になりこれまでを振り返ると彼のいうところの“規則正しく仕事をすること”が暇を見つける最も大切なことだと思うようになった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ヒルティの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
今は、シフト勤務で曜日は関係なく、夜勤が多く不規則な勤務となっていますが、夜勤のお蔭で昼間に畑仕事や歌声喫茶、それに自治会、寺総代のボランティアなどの仕事もできるので助かっています。
仮眠は平均4時間位ですので、職場の涼しい所で体を休められ、案外、楽させてもらっています。
しかし、睡眠不足は体に良くないですね。(^_^;)
Posted by おんごろ at 2017年08月03日 08:21
おんごろ様

シフト勤務の経験はないのですが、残業で遅く
なり睡眠不足が続いたことがあります。

こんな時の仕事は間違いが多かったような気が
します。

高齢の人は免疫力が落ちていると聞いています
ので体調には十分気を付けてください。
Posted by Tommy at 2017年08月03日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。