2018年06月03日

友人との会話

関東地区に住む故郷の同級生と久しぶりに会う。お互い会う機会が年に一度か二度しかないが、会えば一瞬にして同郷での経験が重なる仲間だけに何の隔たりなく話せる。今回はギターの生演奏を聴いたことがないという二人のためにGGサロンでの演奏会に誘って二時間ほどの生演奏を聴いてもらった。

その後、早めの夕食を取りながらお互いの近況を話したが、話題は上京したての頃の苦しかった生活の事、病気や健康の事、家族のこと、それにこれから先の残り時間の過ごし方、死んだ後の始末。何となく寂しさの漂う会話となってしまったが、哀愁漂う本日のギター演奏がそうさせたのだろうか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

腰痛再発?

午後から週一回のギタークラブの練習に出掛けた。やはり仲間がいると気分転換にもなるし、途中のお茶の時間はそれぞれの話題で楽しく過ごせる。ギターの腕前はこのところ低空飛行が続いて思うように上達しない。仲間からも出る言葉は同じで高齢になると遅々として上達しないのでお互いの顔を見合わして大笑い。それも一つのくつろぎとなっている。

しかし、今日は意外なことに区民館が改装されたついでに椅子が全て新品に取り替えられたので気持ち良く思えていたのだが、しばらく練習を続けていると妙に腰のあたりが痛くなりだした。良く調べてみると椅子が新しくなったのは良かったがクッションが高齢者には少々固くなっているのが判明。これでは一時間も座っていられないので来週からはクッション持参での参加になりそうだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

ギタークラブ

本日は暖かくなった四月最後のギタークラブの練習日。午前中はギター練習しながらプロのギター演奏を聴こうと電源を入れたら偶然にも懐かしいテレサテンの歌声が流れだした。現役時代駐在中は会社通勤の車の中で毎日のようにテレサテンのCDを聴いていたものだった。

しかし、退職してから殆ど聴くことがなかったのに、何故か今日に限りアイチューンのセッティングを間違ったらしい。懐かしさにつられてついつい聴いているうちギター練習を忘れて、午前中が過ぎてしまった。慌てて昼飯を食べての参加となったが、皆さんも元気に参加され話題も大いに弾み楽しい午後の半日だった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

楽しみました

大好きな音楽だが、ある理由で代々家族に禁じられているため、こっそりギターを弾いている靴磨きの少年ミゲル。ミゲルの良き友達で彼の音楽ファンの犬ダンテ。そして、ある日伝説のミュージシャン、デラクルスのものといわれる白いギターに触れた瞬間、先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう。
IMG_0144.jpg


ガイコツになった先祖たちが楽しく暮らすテーマパークのような死者の世界はカラフルで大好きな音楽あふれるところだ。そこで孤独なガイコツのヘクターに出会い、憧れのデラクルスにも会えた夢のような世界だった。しかし、日の出までに元の世界に帰らないとミゲルは死者の世界から永遠に帰れなくなる。

死者の世界からもどり幸せな家族に会うには“家族に会いたい”と願う強い思いが必要になる。陽気だが孤独で同じ思いを持つヘクターとの出会いは、隠されていた家族の絆を明らかにする。ミゲルの大好きな曲“リメンバー・ミー”の秘めた不思議な力が、ミゲルの推測していたことをどんでん返しにする奇跡を巻き起こす。シンデレラにつながるようなメルヘン物語だが、ギター好きにも十分楽しめた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

最初が肝心

自分の経験から言えることだが、クラシックギター演奏で親指の巻込みは出来るだけ早く矯正した方が良い。親指の巻込みを今は亡き講師に指摘され、親指矯正に取り組んで既に三年が過ぎてしまった。親指矯正を始めるにあたり、講師から言われたことはとにかく時間がかかることは覚悟して始めなさいと言われた。

現在プロで活躍されている人でも過去に指の矯正をされた方を何人か知っているが、いずれも数年という単位で苦労されたとの話であった。ご自分の経験でも右手の親指の弾くポジションを変えただけで一年ほど弾けなかった時期があったと話された。

素人の悲しさ自己流で弾いて親指巻込み癖がついていたのが災いして、ある時点からどんなに優しい曲も全く弾けなくなってしまった。そして通いだしたNHKのギター教室で最初に言われたのが親指巻込み癖だった。退職後の老後をギター演奏で楽しもうと考えている人には是非始める前にプロの指導を受けられることをお勧めしたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする