2017年09月21日

見直し練習

定年退職後から始めたギター練習は実に厳しいものがある。先ずは肉体的なハンディがあり習っても筋肉や骨が既に出来上がっていて教えられた通りに練習できないこと。なれない譜面がなかなか覚えられないこと。音感が全くつかめないことなどで戸惑いが多い。

講師のアドバイスやネット社会でのギター練習法の情報は数多くあるのだが、どの方法が自分に合ったベストな練習法かがわからない。そこで始めたのが特定の方法を一週間練習し何らかの感触を得たら継続し、全く見出せなかったら捨てる取捨選択方法。

親指の巻込み癖の矯正はトレモロ曲を弾くには絶対的に必要ということで始めたが2年たってもこれと言える練習法が見つからない。その中で初心に帰ってチョウチョの曲を親指だけで弾く練習をすすめられた。練習してみると意外なことに全く弾けないことを知る。

そこで分かったことは親指だけで弾くということを先ずは解決しなければ巻込み癖の矯正などおぼつかないことを知る。改めて以前取捨選択しながら捨てた新堀メソードによる親指の集中練習法の書かれた本を探して読み直してみた。改めて読むと全く勘違いしていたようだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

サラメシとサラセン?

最近サラメシという言葉も流行っているようだがサラセンの方が先に流行った言葉で世相を如実に詠んでいて実に面白い。一寸した待ち合せ時間や気分転換の時に開いてみると一瞬で情景に入り込めるところが良い。特にギター練習が上手く行かないときなどは重宝している。

@女子会と聴いて覗けば六十代
A立ち上がり目的忘れまた座る
B定年後田舎に帰れば青年部
C最近は忘れるよりも覚えない
D忘れ物!声に戻ればゴミ袋
Eやって見せ言って聞かせて無視されて
F高がつく血圧、脂肪、血糖値
G化粧室昔はトイレ今電車
Hオレオレも耳が遠くて歯がたたず
I総選挙次はアキバか国会か
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

右手の矯正

親指の巻込み癖でその矯正に苦労している。親指が巻き込むことでギター演奏の基本中の基本であるアルペジオも弾けなく、音の流れが続く曲の演奏など途中で止まることが多い。講師と相談し二年程前から押弦後の親指が人差指の外側にとどまるように、指にリングをつけて強制的に親指が内側に曲がらないよう練習をしているが一向に矯正できていない。

先日たまたま読んだギター関連の記事のなかに“親指と人差指が45度になるようなイメージを意識しましょう”というのを見つけた。人は意識しないと指の構造上、かならず親指は人差指と手の平の間に入る形になってしまうことらしい。教本などを見ると卵を握るような形でと書いてあるのも同じ理由で親指が外にでるのを意識して練習する必要とのこと。

しかも、弦を弾くときは指先ではなく、指の付け根を動かすイメージをしよう。力を抜いた状態で手を握る動作をしてみると最初に指の付け根から動き、自然に指の先端を使って握りこむ形になるので、弦を弾く時もイメージは大切であるから脳がきちんと命令しないと指先は自然と曲がるので、何事もイメージをできるように訓練しましょう。

さらに、アルペジオの練習をするときは中指と薬指を交互に使ってみるとこれも難しい。なぜならこのふたつの指はつながっているからで、中指と薬指だけをVの状態にして指を動かしても自分の指ではないくらい動かない。最初は力が入ってしまい、あちこち痛くなるが練習を続けると痛みは無くなる。上記に書いたことを常に意識して練習をしてみよう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

脱力を覚える

退職してギター練習を習い始めた当初、筋肉痛に悩まされたものでした。もっともひどかったのは左肘の腱鞘炎にかかったことだった。弦を抑える度にズキンとくる痛みに耐えかねて整形外科に駆け込んだほどだった。長い休養期間をおいてからは講師の助言に基づいて練習を再開したのが脱力して練習することだった。

もともと何か新しい運動やスポーツを始めようとすると力んでしまう性質らしくガチガチになってしまい、もう少しリラックスして取組なさいと当時の指導者にアドバイスされた。はじめの内は仕方のない事なのかもしれないが、ギターも独りで練習していると自分では気が付かないことが多く早速上記の腱鞘炎になってしまった。

ギターは弦を押さえて、その弦を弾いて音を出す楽器だから、必要以上に強い力で弦を押さえても何の意味もない。むしろ逆に音程が狂い必要最低限の力で弦を押さえればいいのですと言われてもなかなか理解出来ずに苦しんだ。そこで講師いわくA4サイズの楽譜一枚を親指と人差し指で上部を軽く挟み持上げ、落ちないこの程度の力で十分ですとのこと。

力を抜くことを意識して右手も左手も音が出る必要最低限の力で押えて弾く、このことを十分に心掛ける事。難聴気味の高齢初心者には初めのころは音が小さいのに少々不満がありますが、普段からそのくらいで弾くように意識してくださいとのこと。弱く弾ける人は強くも弾けますが、普段から強く弾いている人は弱くは弾けないので、今の内から脱力して弱く弾く癖をつけることが大事だということらしい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(8) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

メトロノームを使う

これまで万年初心者の自分はメトロノームを使うことは殆どなかった。しかし、以前リズム音痴を指摘されたことがあり、その意味するところが最近になってやっと分かってきて、音楽を趣味とするにはこれをいかに克服することが重要かということを知る。
DSC_1774.JPG
初心者がテンポもリズム感もわからない中でメトロノームを使わず練習しても上達するのは至難の業で最近では練習中常に使うことにしている。リズムが何かを知らずリズムを正確にカウントできる人間なんていないし、目指す練習曲もいくら練習しても音楽にならない。運指練習をする時も、曲の練習時にも、必ずメトロノームを使うことにした。

ある上級者が言うにはメトロノームのクリック音に合せるのではなく、クリック音を支配出来るようになった時が上級者ですとのこと。その意味が理解できるようになるまではメトロノームは必ず手元に置いて常に使いましょうとアドバイスされる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする