2017年08月24日

脱力を覚える

退職してギター練習を習い始めた当初、筋肉痛に悩まされたものでした。もっともひどかったのは左肘の腱鞘炎にかかったことだった。弦を抑える度にズキンとくる痛みに耐えかねて整形外科に駆け込んだほどだった。長い休養期間をおいてからは講師の助言に基づいて練習を再開したのが脱力して練習することだった。

もともと何か新しい運動やスポーツを始めようとすると力んでしまう性質らしくガチガチになってしまい、もう少しリラックスして取組なさいと当時の指導者にアドバイスされた。はじめの内は仕方のない事なのかもしれないが、ギターも独りで練習していると自分では気が付かないことが多く早速上記の腱鞘炎になってしまった。

ギターは弦を押さえて、その弦を弾いて音を出す楽器だから、必要以上に強い力で弦を押さえても何の意味もない。むしろ逆に音程が狂い必要最低限の力で弦を押さえればいいのですと言われてもなかなか理解出来ずに苦しんだ。そこで講師いわくA4サイズの楽譜一枚を親指と人差し指で上部を軽く挟み持上げ、落ちないこの程度の力で十分ですとのこと。

力を抜くことを意識して右手も左手も音が出る必要最低限の力で押えて弾く、このことを十分に心掛ける事。難聴気味の高齢初心者には初めのころは音が小さいのに少々不満がありますが、普段からそのくらいで弾くように意識してくださいとのこと。弱く弾ける人は強くも弾けますが、普段から強く弾いている人は弱くは弾けないので、今の内から脱力して弱く弾く癖をつけることが大事だということらしい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(8) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

メトロノームを使う

これまで万年初心者の自分はメトロノームを使うことは殆どなかった。しかし、以前リズム音痴を指摘されたことがあり、その意味するところが最近になってやっと分かってきて、音楽を趣味とするにはこれをいかに克服することが重要かということを知る。
DSC_1774.JPG
初心者がテンポもリズム感もわからない中でメトロノームを使わず練習しても上達するのは至難の業で最近では練習中常に使うことにしている。リズムが何かを知らずリズムを正確にカウントできる人間なんていないし、目指す練習曲もいくら練習しても音楽にならない。運指練習をする時も、曲の練習時にも、必ずメトロノームを使うことにした。

ある上級者が言うにはメトロノームのクリック音に合せるのではなく、クリック音を支配出来るようになった時が上級者ですとのこと。その意味が理解できるようになるまではメトロノームは必ず手元に置いて常に使いましょうとアドバイスされる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

秒針付き時計

エルゴプレイに秒針付き小型時計を取り付けてみた。単純な指の動きの練習を続けていると、ついつい同じことを気分次第で長く続けたり短くなったりして効果的な練習にならないような気がしていた。

秒針のあるアナログ時計を見つけて来て、弾いているときいつでも一つ一つ練習時間を確認できるように、いつでも自分の視野範囲に置いて時間管理が出来たらと考えた。その目的の場所としてエルゴプレイのロゴの横が丁度その目的にかなうことを知った。しばらく利用して実際便利かどうかを確かめたい。

DSC_1744.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

歌いながら弾く

新講師が楽譜を読めずにTAB譜だけで練習して中々上達しないのを見て、TAB無しの簡単なメロディだけの童謡をコピーしてくれた。うまく行かなくなったら何度でもリセットして簡単な楽譜から始める方が結果的にうまく行きますよということだった。

音階の運指練習で「ドレミファソラシド〜」と弾いていく時に、当然、メトロノームに合せて一定のテンポで弾いていくわけだが、この時に今弾いている音程に合わせて「ドレミソラシド〜」と歌いながら弾いていくわけである。勿論、童謡を弾く時もそうで、今自分が弾いている音に合わせてそれと同じ音程で「歌う」訳である。とりあえず、「自分のギターに合わせて、同じ音程で歌う」これを実行する。

自分は音痴だから上手く行くはずが無いなんて思っても歌ってみると言うことが重要で、最初は音が外れていてもよく長く繰返していくうちに、自然と音程が取れるようになり、音痴も解消されるということらしい。そんなわけで、この歌いながら弾くという行為は次のように一挙三得;1.読譜可能 2.音感トレーニング 3.指板把握。
今後はTAB譜を使わずメトロノームに合せて一定のテンポで、自分が弾いている音に合せてそれと同じ音程で歌いながら弾いてみよう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

ギター上達には

あるブログにギターが上達するための3つの心構えというのがあり、興味深く読ませてもらった。それは初心者の私の悩みを的確に指摘しているような内容だった。

1.気長に取り組む事
ギターは気軽に始められる楽器ですが、すぐ弾けるようになるのでもない。最初のうちは上達に期待しすぎず、気長を念頭に入れておくこと。ギターの上達はインフルエンザ等のウィルスに似ていて、感染してもすぐ症状はでない。だけどある期間を越えると症状が現れ始める。ギターも一緒で、練習を積み重ねても、すぐに“上達”という症状が現れる事は少ない。それでも練習を積み重ねていれば、あるとき一気に上達する時がきます。“潜伏期間(練習積み重ね)⇒発症(上達)⇒潜伏期間(練習積み重ね)⇒発症(上達)”これの繰り返しで上手くなっていきます。

2.気楽に取り組む事
早く上達したい人は、毎日コツコツやること。練習の積み重ねという言葉がありますが、気合いを入れすぎても疲れてしまいます。極力毎日練習は積み重ねて欲しいですが、それを義務にしてしまうと長続きしません。すぐに上達する必要がないのであればギターを弾かない日があってもいいので自分の気楽なペースでゆっくりやることです。

3.楽しむための努力をする事
初心者のうちは、どんな練習でもまずは“楽しむ努力”をしましょう。最初はどうしても基礎練習が多く、地味でつまらない練習内容になりがちですが、これはある程度仕方のない事だと思います。しかし、基礎をしっかりやらないと、上達の伸びが短くなってしまうので、ある期間はある程度我慢して基礎練習にいそしむことが大切です。いつかきっと、自由にギターが演奏できるようになったときに、基礎練習の重要性が分かる事でしょう。自分が楽しんで演奏していなければ、聞いている人も楽しくなれません。普段の練習から、エンターティナーになりきって自分を楽しませる努力をしましょう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする