2017年01月20日

破損糸巻き

愛器の片側の糸巻きが破損して接着剤で一時的に接着して利用していたが、先日自然に取れてしまった。仕方なく以前使っていた古いギターを取り出して来たものの、一年以上も使っていなかったこともあり音がこもって違和感があった。

糸巻きメーカに問い合わせたところ、糸巻きはペアでしか販売しませんとつれない返事。それにしても、たかが糸巻きされど糸巻きなのかペアで三万円ほどとのこと。年金暮らしには小遣いが乏しいだけに破損した片方だけ入手できるところはないかギター店に電話で確認したところ、一カ所だけ相談乗りましょうという返事。早速出かけて片方だけを購入して小遣いの節約になる。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

三年目に思う

退職して持て余す時間の利用や同好仲間との交流を目指して、おっかなビックリで始めたこのブログだが、確認してみると既に丸三年の月日が流れていた。ブログを始めて感じることは他人のブログも良く訪問するようになり、同好仲間のブログから色々情報を得られることである。その間一日も休まず継続しているようで記事数も1099になりコメントの数も3161という数字がカウントされている。日々の訪問者も100名前後で継続の支えとなっている。

ギターを修得したいという強い希望を与えてくれた“アルハンブラ宮殿”を古希までには弾きこなしたいという希望も未だに継続中だが、それでもこのブログを続ければいつかは実現するだろうと希望を捨ててはいない。昨年は親指の矯正のため殆ど曲の練習が出来ない状態が続いたが、幸いに月1回のNHKのギター教室と毎週日曜日の午後のギタークラブも繁盛して継続の愉しみとなっている。今年はモチベーションを高めるためにも是非とも練習曲をいくつか録音したいものである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

最適年齢?

今年になって最初の素敵な言葉に出会った。<<夢の実現に年齢は関係ない。決意したときが最適の年齢だ>> これでしばらくはギター練習も頑張れる気がする。

最近不滅のルールと書かれた本をパラパラとめくっていたら前述の素敵な言葉に出会った。似たような言葉はこれまでも何回か聞いたような気はするが、自分の意識の中にはっきりとは聞こえてこなかった。それが退職してから始めたギター練習が思うように進まないこともあり、やはり芸事は何事も始める年齢が大切で若ければ若いほど良いと言われるのを実感しつつあるときだった。なかなか上達しないことを納得して少々がっかりしている中での上記言葉との出会いでエネルギーが追加されたような気分だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

新年は富士

ギター練習を始めて四年目に入る今年は果たしてどうなることか。昨年は親指の巻込み癖を矯正することだけに取り組んで過ごしたような一年だった。その親指も矯正が少し進んで夢を捨てずに続けられそうだが、果たして今年はどんな年になるだろうか。
DSCN0852.JPG

ギター練習に夢を膨らませて取り組んだにもかかわらず、新曲を次々と習得し確実に持ち曲に加えたギタークラブの仲間からは、周回遅れになったような気分である。しかし、仲間のお蔭でギターへの愉しみは尽きることなく、今年も好きなギターで一曲でも弾けるように夢だけは持ち続けたい。我が愛器とも一年半を共に過ごし、お互いの性格を熟知してこれからが愉しみである。 ベランダ農園の富士!
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

曲が弾けない

今月もギターレッスンに行ったが、恒例の人前演奏が出来なくなってしまい大いに慌てる。親指の矯正に時間をかけ過ぎて曲の練習がほとんど出来なかったこともあるが、これまでいつでも弾けた曲でさえ弾けないことが判明した。

これでギターも終わりかなと考えてしまいそうだったが、慰めようとしてか講師の経験談を聞かされて気を取り直す。講師いわく右手の奏法を変えると、一時これまで自由に弾けた曲も新しい奏法が身につくまでの半年近く弾けなくなりますとのこと。現役プロである講師自身が同様に右手親指の奏法を変えて同じような経験をして苦しんだとの話を初めて聞いた。奏法を変えるという事はそれだけの覚悟が必要らしい。それでもプロになるには常に奏法を変化させて行かなければ、演奏活動を続けられないほど厳しい世界らしい。初心者の自分にはそれほどの覚悟はないが、愉しめることを目的に挑戦を続けたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする