2014年05月14日

五木の子守唄

軽い気持ちで練習のためにと弾き始めたら気持ちがどんどん侘しくなってきた。熊本県民謡ということで歌詞を探してみると貧しい子守りの心情を綴ったもののようだ。

おどま盆ぎり 盆ぎり 盆から先や おらんど 盆が早よ来りゃ 早よもどる
おどまかんじん かんじん あん人達ゃ よかしゃ よか帯 よか着物
おどんが 打死だちゅて 誰が泣いて くりゅきゃ 裏の松山 蝉が鳴く
おどんが 打死だば 道端ゃいけろ 通る人ごち 花あぎゅう
花はなんの花 つんつんつばき 水は天から もらい水

posted by Tommy at 06:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

カルリのアンダンティーノ

筋肉痛で延び延びになっていたアポヤンドとアル・アイレの練習曲としてのカルリのアンダンティーノを録音してみた。もう少し速い方が良いのだろうが未だ痛みが残っているので100のテンポで弾いてみた。
posted by Tommy at 05:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

里の秋

静かな静かな 里の秋
お背戸に木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんとただ二人
栗の実 煮てます いろりばた

明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨(よがも)の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実 食べては 思い出す

さよならさよなら 椰子(やし)の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ 父さんよ御無事(ごぶじ)でと
今夜も 母さんと 祈ります
posted by Tommy at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

カルカッシ練習曲

弦の弾き方の基本となるアルアイレとアポヤンド練習が必要ということでこの一週間練習をしてみた。その仕上げということでアルアイレだけを使ったカルカッシの練習曲を弾いてみた。録音し聴いてみて初めて気が付くが相変わらず音の強弱コントロールが難しい。強弱のコントロールをつけるための練習を如何するかが次の課題だ。

posted by Tommy at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

四季の歌

若い頃流行った歌で短くて単純な曲だが思い出に残る曲でもある。弾いてみてわかったことだが曲に感情を持たせるための強弱をどうするか。和音を十分に響かせるにはどうするか。肝心の曲に合った音色はどう出すのか。初心者が今日数十回の練習だけで何処まで弾けるかをテストしてみた。ギター講師の言うところの人前で弾くには1000回以上の練習が必要だという意味を理解するには十分な実験となった。
posted by Tommy at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする