2017年02月18日

最初は富士

DSCN0449.JPG

2月のカレンダーの写真を見て思い出したことがある。高校を卒業して上京し学校に通いだし、その時のクラスメート数名で富士山に登ったことがある。仲の良い友達として青森の林檎農家出身者と、その他数名と一緒だった。当時、全く山登りの経験はなく気軽な気分で出かけたことを思い出す。高山病や眠気でさんざんな目にあったが、下山の時の砂走りがとても快適だったのを覚えている。

帰宅して近くの銭湯で頭を洗っていたところ、真っ黒に汚れた水が流れて隣の客が驚いたのを覚えている。驚いた客は当時日曜日には必ず通っていた蕎麦屋の跡継ぎであとあと笑い話となった。富士登山は一つの気分高揚にもなったのか、何か大きなことを成し遂げた気分であった。その後、富士山に再び登ることは、今の今までなく過ごしている。

しかし、山歩きは当時の職場に日本山岳会員になった山登りが大変好きな人がいて、その人の影響からか丹沢、雲取山、中央アルプス、南アルプス、出羽三山、飯豊山、米国のウイットニー、欧州のアルプスと登ることになった。そのような山の魅力を味わうことが出来たのも、最初の富士登山の思い出がさせたのかもしれない。

山の頂に雪を抱く富士は絵になるせいか、毎年カレンダーでお目にかかれる風景である。我が家のベランダからも、冬の季節には遠くに見える時がある。特に正月の時期に眺める富士は、冬の寒さが身を引き締めて何か厳粛な気持ちを引起す。日本人にとって富士は神聖なものであり、誰もがあがめる山である。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

平和像

毎朝その前を通っているのに、あまり気にもかけていなかったようで印象に乏しかった。それが今朝は、午後から今年一番の暖かさが訪れるというこの時期に、公園の一角に立つ無垢な幼子をモチーフとした写真の像が気になった。

このところ世界中の新たな指導者の出現で、大きな話題があちこちの国で提供されて賑やかになっている。少しずつ世界中が波立って行くのを感じられるなかで、平和という意味を再確認させるようなシグナルだろうか。

DSC_1536.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

ガウンと共に

結婚のお祝いとして義母に頂いたお金で、新宿伊勢丹にて買い求めたガウンを長年重宝してきた。買い求めたころは自分に合っているかどうかも考えないで、単にガウンが欲しかっただけで買ったこともあり、少々大きめで袖口を折って着ていた。それでも家で過ごす自分の一番充実した時間帯、早朝の読書の時には欠かせないもので、三十年以上の長い年月を共に過ごした。

この長い年月を特別に意識して着ていたわけではないが、何かと気にかけてくれる義母の気持ちがうれしくてなんとなく着ていたのが正直なところである。自分も年齢を重ねたが義母も後期高齢者となっているので、これから先はあまり無理をせず、自分の実母の分までもっともっと長生きしてもらいたいものである。

人生もこの年になると、未来も諦めも見えてくるようになるらしい。これまであくせくと働いてきた自分も、いつの間にか過ぎた人生を振り返るようになるのが多くなってきた。見るのが好きなマラソンでも、先頭集団を走り続けた人が遅れだすと後ろを振り返ることが多くなるという。そうなった時は、既に先頭に立つことを諦めているとのこと。

誰もがそうなのかもしれないが、思い続けたことが実現しないとみると自分のこれまでの人生を振り返るという。これも又事実のようである。これまで一緒に歩いたガウンになんとなく愛着を感じている。長年にわたる会社勤務と共に過ごしたガウンは色々な思い出が詰まったものとなっている。このままガウンとともに、静かに過ごす人生になるのか、或いは新たな生き方にチャレンジするのか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

今頃万葉集?

八年前の日記にNHKで万葉集の特集を行っていて実に衝撃的な出来事だったと書いている。全部で4千何百の首があるという、それも貧民から天皇まで1300年も前の人々の心の動きを伝えてくれる素晴らしいものであると知らされる。原文は全て漢字で書かれているとの事だが、それを仮名文字に書き換えさらに現代語への翻訳をしてくれた。

人それぞれに感じ方が異なるがそれでもそれら一つ一つが一級の短歌となって人々の心の中に響きわたる。詠み人の当時の状況や性格が一つの裏付けとなって語られて大変興味深く見させていただいた。このような宝物が日本にあるということをはじめて認識したような気分で、当時の詠み人の気持ちが生き生きと伝わってくる番組であると書いている。

戦時中に出兵した人の多くが万葉集を唯一の本として持ち込んだといわれている。それだけに、何度も何度も読まれたことだろう。当時の深い意味をじっくりと味わい自身の身の上に重ねていたという万葉集である。番組そのものが当時の自分の心境に良く浸み込んできたようである。人生の後半に差し掛かってから初めて理解できるような深い意味を持つ内容であったようだ。これまでどちらかといえば古臭いという感じが強く本を紐解くこともなく過ごして来たようだがここらで改めて読んでみたくもなっている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

コミニケーション

断捨離で古いノートのメモをパラパラとめくると下記のメモが出て来た。どこかで読んだ本の中で見つけた内容だと思うが、口数が少なく他人との会話も下手なことを当時悩んでいた時期と重なるのでこれを読んで何かを気付かされたのだろうと思う。

<<団体旅行で撮った記念写真を手にしたとき、まず、どこに目がいき、誰を捜すだろうか。百人が百人とも、自分の姿を見つけようとするのではないか。人間は誰でも自分自身にもっとも関心をもっているからである。そして、常に自分について語りたがり、いつも語り足りないという不満を抱いている。だから、自分の誕生から現在までの経歴、これからの希望、夢、趣味、価値観などについて知ろうと尋ねてくれる人には好意を寄せる。相手のすべてについて知ろうと、色々尋ねているほうも、相手への理解が深まるにつれて、共通点や相違点を発見し、興味をひかれ、魅力を感じるようになる。お互いに、こうした関わりをもちつづけていると、友情が生まれ、円満な人間関係が成立する。>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする