2018年04月24日

選ぶ(現役時代のメモ)

今も毎日日記を書いているが使うペンにこだわりがある。パイロットの水性ペンで当時は100円で使い捨てとして販売されたものである。使い心地よいため使い続けている。最後の一本のインクが残り少なくなって息子にネットで探してもらったところ、10本いりが500円で入手できた。これでしばらくは又使い続けられるのでありがたい。

書けるペンであればどれでも用を足すことが出来るはずなのに、人間そこに色々な要求があるらしい。使いやすさ、書き易さ、インクの出具合、握りやすさ等色々な条件が要求されるようである。そんなのが元になっているのが選ぶ対象になっている。自分の対象としては前述の通りであり、他の人に比べて安くついているのかも知れない。

何かとこのところ書くことが楽しくなってきている。どんな思いつきでも書き残すことに意義を感じるようになった。今ここに書いていることさえその一つである。毎日一枚を目標にして書いている。今日のテーマは選ぶとして書いている。これまで多くの選択する機会があった中で、何かを選んだ結果が今の自分であり、得た成果があればそれである。

人は得てして選ぶことを嫌う人もいると言うが、自分にはその権利を放棄する気持ちはない。選ぶことが人生に大きく影響するだけに何としてもこれは手放せない。日々の活動の中でも小さな出来事の中でも自分の考えを持って選ぶことが大切である。残りの人生も同様に選ぶことを放棄することなく確実に自分のものとしてゆきたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

人知(メモから)

何か仕事をしてゆく中で人を知ることは重要である。ましてやその人達の働き次第では大きな成果にも失敗にもなることを考えればなおさら真剣に取り組まなければならない問題である。そんな重要なことであるにも関わらず、それを見極める手段が明確でない。人それぞれに異なっている考え方や行動パターンも外からは全く見えないのが殆どである。

それらを考えても大切なことだがどのようにして人を知るのかは大きなテーマでもある。どこでどんな仕事をしてきたかはレジメで書いてもらってもそれ自体が本当かどうかの確かめがむずかしい。ビジネスにおいて成功かどうかは成果にかかわっているだけに時間も必要になってくる。これまでに何人もの人と出会ってきただろうか。そんな中で自分の判断は正しかっただろうか。

人を見極められるかどうかは大事だ。多くの失敗があったことは否めない。それでもこれまでこうして働いてこれたのは何か共通するものが残っていたのだろう。人間は感情で動く動物であることを考えればそれもうなずける場合がある。人間性の大切さを今一番感じている。目も耳にも感じられないけれども何か伝わってくるものがそこにあり、それを感じた人だけが自分にとって大切な人のような気がしてならない。

人知といってもはっきりとこれとこれが大切でこのようにしなければならないと言う様なこともない。それでいて成果も失敗も大きく左右されるという難しい選択の中にある。既に人生の大半を過ごしてきた自分としては何をよりどころにそれを見極めるかとなるとどうしても人間性というものだろうか。それは昔から言われていたところの肌が合う合わないということだろう。残りの人生も出来れば肌の合う人と多く知り合いたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

感謝の念

今朝の読書の時間に感謝の心を知らされる。これまで自分はここまで育てられたことに対する感謝の念が乏しかったことを知る。常に願い事は引きも切らさず行うのに願いが成就しても感謝の言葉もなかったことが恥ずかしい。これも自分だけのエゴに取り付かれている結果だったのではないかと思う実に情けないことである。

全ての成果を自分でやったような錯覚で過ごしてきたことを思い知らされる。何事も人の協力があってこそ成果となって来ていることだが、自分で全て成し遂げたという自惚れが先立ち協力してくれた人への感謝もそのような環境を与えて下さったことへの感謝もないがしろにして如何して成果がでたと言えるだろうか。

自分の尊敬する人々の殆どが感謝の心を持って世の中に対処していたことを思えば自分の愚かさが明らかである。偉人と言われる多くの人が世の中に感謝の念を持ち成功してからはその恩を世の中にお返ししたいと強く望み何らかの社会的活動を開始されているけれど果たして自分はどのような恩返しが出来るのだろうか。

ありがとうという言葉は何とすがすがしい言葉だろうか。いわれた人の心の中になんともいえない豊かさと心の余裕を与えてくれる。この言葉のお陰で世の中の人間関係がどれほど助けられているのだろうかと思う。それだけ大切な感謝のこの言葉をこれまで十分に伝えなく又、出し惜しみをしていたのではないだろうかと残念に思う。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

書く習慣

何かを書くことを始めたのはいつ頃のころだろうか。少なくとも控えめな性格であった自分が独りでノートに書き記すことから始まったような気がする。何を書くというまでもなく単に思いを書き綴っていたような気がする。それは小さな詩篇であったようでもあり、日記にも似たようなものであったかも知れない。いずれにせよ人に見せるためでなく自分の心の満足のためであった。

多感なころは母にも似た明るい笑い声の人について書き綴ったこともある。今は何処にあるかは知らないけれど何年か経って真実を知ると一気に気持ちがさめたのを思い出す。それをはっきりと言葉に出して言った自分の驚くべき行動力が、その後の自分を変えたのだろうか。二度と振り返ることなくこれまでやって来た。

その後の人生は日記とビジネスに関連したことに限られることになったが、格段に書くことが増えて来た。何かを人に伝える手段として書き記すことの大切さを知ることになった。それがステップアヘッドとなり今は思考ノートとなっている。そして毎日つづるこのようなとりとめのない内容のものとなっている。

自分の考えをまとめることの楽しさと難しさを日々味わっているのだが、ついつい遅れがちになって後追いの記録であったりする。其処を何とか乗り切って誰もが認めるほどの内容で文章が書ければ嬉しいのだが、未だ継続することだけに懸命で内容の吟味などは後々の課題である。今はひたすら書きまくることである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

今の時代に

今の時代がそのように考える時代なのだろうか。人々は全てに効率的な生き方を望んで時間や労力を惜しみ最大の成果を得んと知恵を絞り暮らしている。暮らしの全てに快適さを求めて活動している。人との交わりも少なく個々人の満足を大切にし、快適さの蓄えとしてのお金の意義を主張してときにエゴが見え隠れする生活が続いている。

時代時代に人の関心事は変わってくるだろうが、この自分自身の関心はなんだろうか。夢実現に向けた思考と老後の楽しみを築くことが今の関心ごとである。それだけにこの世で成功したと言われる人の老後の生き方が気になり知りたいと思っている。今はただ自分の感性にあわせてギター練習を続けているが、飽きずに続けられることはありがたい。

自分としては過去を振り返るとき、今の時代に生まれ出たことは大変ありがたいことだと思っている。少々苦しい少年時代はあったが、その後の人生は運に恵まれて少しは生活の中にゆとりが出来て人生を楽しむだけの時間が作れることである。それもこれも時代が少し違っていたら、こんなことも夢想だになかっただろうと思う。今の時代に生まれて来たことを感謝しつつこれからも人生を楽しむことにしよう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする