2017年02月08日

早めの手当て

ちょっと油断したようで風邪気味になってしまった。毎朝のウォーキングを続けている限りは風邪とは無縁だと思い込んでいたようだ。日曜日の朝、いつものウォーキングを終え、シャワーを浴び、朝食を済ませたころから何となく今日は特別寒い日と感じていた。

昼過ぎになって背中に悪寒が感じられ始めて、慌てて市販の風邪薬を飲み、家族に使い捨てカイロを背中に貼ってもらい、そのまま布団に入り込んだ。市販の風邪薬で宣伝とおり“風邪のひきはじめに早めの〇〇〇〇”を飲んで二時間ほどぐっすり寝込んでしまった。それが効いたのか、体調が戻ってきた。良く言われることだが今回は早めの手当てで熱が出ることなく落ち着いた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

お元気でしたか?

早朝ウォーキングを始めた四年ほど前に際立った美しいフォームで独り黙々とジョギングを続けておられる方がいた。このところ殆ど見かけることが無くなっていたが、今朝ほど久し振りにその後ろ姿を見かけた。一度も話しを交わしたこともなく一言の挨拶さえしたことない人だったが、毎朝見かけていたので見えなくなって何となく気になっていた。

いつもの時間より少々遅れてスタートしたので、たまたま時間帯が重なったのだろうか。今日はジョギングでなく速歩でかなり前方の道から同じ道に入られて、暫く五十メータほど先を歩いて次の角を曲がって行かれた。何の変哲もない朝の公園での出来事だが、こんな日常を過ごせる平和な日本であることに感謝したい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

小原庄助さんごとく

会津磐梯山の歌詞ではないが朝寝が定常化しそうである。早朝ウォーキング後に温水シャワーを浴び朝食を済ませて朝刊を読み終えるころまでは意識ははっきりしているのだが、その後がどうもおかしい。強い眠気が襲ってくることがしばしば起きる。今朝も読んでいた本を落してしまい、そのまま眠ってしまったようだ。

20分も眠るとすっきりするのだがそれまでは実に眠く何も頭に入ってこない。昔聞いた歌に「会津磐梯山」というのがあって“小原庄助(おはらしょうすけさん)さん なんで身上(しんしょう)つぶした 朝寝(あさね) 朝酒 朝湯(あさゆ)が大好きで それで身上つぶした もっともだ もっともだ”

小原庄助さんは朝寝 朝酒 朝湯が好きで、遊んでばかりで身上つぶしてしまったということらしいが、朝の三つの内、朝寝と朝湯(シャワー)二つを行っているが幸いに酒を飲まないので辛うじて土俵際で踏ん張っている気分だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

四年目のご夫婦

零下0.5度の今朝も家を出てすぐにそのお二人に出会った。退職して四年目になる早朝ウォーキングだが、恐らくそれ以前から継続されているのだろうと思われるご夫婦らしきカップルが、何時もの通り肩を並べて歩いておられる。少しだけ奥さまらしき人の方が背高く見えるが、年齢は自分と同世代に見える。毎朝同じペースで同じルートを速足でもなく普通の速度で自分と同じ公園を歩いておられる。気になったのは時たま奥さまらしき人の手の振り方が、前後でなくて上下にゆっくり動かされていることである。会うたびになぜだろうか、そんなことを考えているうちにお互い挨拶もなく月日が過ぎて四年目になった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

ワシヤ

いつもの定期検診で早朝から出かけた警察病院で、以前から気になっていた両耳から聞こえるようになった耳鳴りを、ついでのことで詳しく検査してもらうことにした。結果は又もや“加齢”による難聴だとのことで補聴器を使えば耳鳴りも治るし、認知症予防にもなるし、TVの音量も下げられるし、家族も大きな声を出さなくて済むと良い事ばかりである。それではと紹介された補聴器専門店に立ち寄ったところ、年金暮らしの生活者にはかなりの高額で我が家の大蔵省に相談しなければ買えない金額である。

一連の定期検診と難聴検査とで昼過ぎまでかかったので、これまで何回か立ち寄ったワシヤに立ち寄っていつもの芽ぐみ米定食を食べて帰ることにした。小さな奥まった目立たない家族経営のお店で昔からの馴染みの食堂だが、最近はほぼ満席で繁盛しているようだ。芽ぐみ米についてこだわりがあるのではなく、故郷の妹の名前がめぐみなので何となく行くようになっただけだが、芽ぐみ米の秘密については下記サイトで説明していました。
http://www.tokyofoods.jp/megumimai3.html
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする