2018年01月17日

コーヒー再開

毎朝飲み続けていたコーヒー、昨年体調不良になってしばらく中止していたが再開した。

コーヒーについてはなにかと話題の多い飲み物で心臓の収縮力を高めることによる強心作用や脳内の血流を良くするため、ボケやパーキンソン病の予防効果作用があるとか言われています。含まれるカフェインも腎臓に作用して利尿効果を促進する働きがあるといわれています。このように肉体的にも精神的にも高齢者にも効用のある有難い飲み物です。

いっぽう色々と効用のあるコーヒーですが、全く害はないかというと残念ながらそうではなく、胃液分泌を促進するため消化性胃潰瘍を助長する働きや、貧血気味の方にはコーヒーに含まれるタンニンなどの成分が難溶性物質に変わり、鉄分の吸収を阻害してしまうことがあるそうです。貧血気味の方は食後30分はコーヒーを飲まない方が良いとのこと。

コーヒー中毒という言葉もありますが、タバコやアルコールのような中毒性や依存性はありませんし、基本的に体にやさしい飲み物と解釈して一日一杯を再開させた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

風邪が心配

寒風吹きすさぶ中、ひとしお厳しいこの時期にうら若き女性が独り誰かを待ち焦がれている様子。それも一糸まとわぬ姿で寒さに立ちすくんでいる。そばを通りながら一瞬たじろいでしまった。誰か心優しき女性にお願い、自宅に眠っている服や昔暖めてもらった古着はありませんか。これでは風邪が心配なのは私だけでなく女性を目にする人々が、更に寒さを感じて皆さん風邪をひかないように願いたい。
DSC_1954.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

ウォーキング再開

退職後初めて一月以上も体調不良のため早朝ウォーキングを休むことになって、体がすっかりなまってしまって家に居ても少々しんどくなって来た。先週一度再開を試みたところ少し早すぎて体調不良がぶり返してしまったので、快晴の今日早朝の時間帯を避けて日中の陽の光がある時間帯にいつもの公園を歩いてみた。

木々が生い茂る日陰は少しの風でも冷たく感じたので、陽当たりの良いグランドや場所を選んで歩いてみた。やはり歩くのは最高である、体中に爽快感と快い疲れがあり、自宅でシャワーを浴びるころには気分も最高だった。しばらくは寒さに慣れ体調が整うまで日中の時間帯にシフトして再開したい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

高齢を考える

自分の体調をよく見ておくことはとても大切なことである。時々のメンタル的なものにも左右されるだろうが、さらに悪化させないためのケアーも大事なことである。今回、初めて長期の自宅休養となったが、体調の回復を考えれば正しい判断だったと思う。特に無理を重ねる必要もないだけに、高齢になったら健康を第一に考えるべきだろう。

自分への自信という面では体力・知力・気力が十分残っていると思うが、今回を機に最も気を使うようになったのが体力だろうか。還暦を超えてからはあまり無理をしないことが大事だと言うアドバイスを受けてもあまり気にしていなかった。自分の体調は自分でしかわからないだけに人に判断してもらうわけには行かないと考えていた。

一日一日の積み重ねが今の自分を形作っているだけに、日々考え実行することの大切さをつくづく思っていた。退職してから体力を維持しようと毎朝のウォーキングに取組んだが、果たしてどのくらい効果があったものだろうか。今回のような体調不良になって初めてその体力も落ちて来たかなと感じている。

自分は果たして今を大切にしているのだろうか、未来につなげる何かをしているのだろうか。自分自身に確信の持てるものを常に行っているだろうか。人生は一度きりと誰もが分かっていることだけれど、日々の成果が見え難いものだけに気になるところである。今回のように体調不良があると、大きく後退したような気分にもなるので用心したい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

鼻水クシャミ対策

寒波襲来のこの時期、朝起きて机の前に座ると水のような鼻水が出てクシャミが止まらない。原因は何だろうと色々調べてみると、数ある中の一つに温度差が9度以上あると出る現象のだと言うことらしい。

部屋の一つで普段机やパソコンを置いているところだけにその現象がある。調べてみると足元が窓際に向かっているせいか、そこだけが少し冷えているような気がした。

そこで足元に冷えた空気が来ないように遮断し、以前購入して仕舞っていたパネルヒータ方式の足温器を取り出して利用してみた。効果てきめんとはこのことかと思われるようで鼻水もクシャミも止まった。

狭い部屋ながらも本棚を四つも入れていると、一カ所の暖房では室温にばらつきが出るらしい。それ以来朝起きたら真っ先に部屋の熱供給と足温器の両方を動作させることにしている。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする