2017年01月16日

大寒波

日本海側は大雪で北関東も明日は雪になるでしょうとの天気予報を聞いて、家族から明日の朝は寒かったら歩かないでねと念をおされた早朝のウォーキング。いつも通る公園内の池でいつもなら人を見かけたら近寄って来るのに、珍しく水鳥が一カ所に固まって動こうとしない。如何したのだろうとよくよく見ると池の水が凍っているではないか。これでは水鳥も水かきが全く役立たず動けないのだろう。寒い朝だったがフェーン現象だろうか青空が広がり、日の出と共に太陽の温かさが伝わってきた。
DSC_1510.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

腹痛と正露丸

久しぶりに腹痛がして下痢気味になり慌てて駅のトイレに入った。こんなことめったにないことだがどうしたことだろうか。朝の食事もいつもの納豆と卵のご飯であり代わり映えしないのに腹痛だけが起きてしまった。冬になって汗かかない中でも水分だけは確実に取っているためにお腹で吸収できないのだろうか。

我が家のお腹の薬として正露丸が父の代から受け継がれている。父が戦争中に常に持ち歩いたという正露丸は家族の誰一人疑うことなく当然のごとく利用されてきた。父の言うとおり実に良く効く薬で飲むと直ぐに下痢が止まることもあって何度も何度も重宝してきた。それは社会に出て人づてにその効き目について聞いてさらに強まったものである。

インターネットで調べてみて初めて分かったことだが、ただのコールタールである。木を熱して出てくる木汁であると説明されていた。しかも、線路脇に打ち込まれた木に塗ってある油臭いものと全く同じ成分であると書いてあった。それがどういう訳か腸の働きを止めるために下痢も止まるのだということである。これまでそのメカニズムを知らずに妄信してきた自分には少々衝撃的な話である。

それにしても腹痛と言うものは突然襲ってくるものでその対応の仕方に困ってしまう。最初にお腹が張り出しオナラガ出始める。その後、腸の動きが活発化してきてきりきりとした痛みが伴う周期が繰り返す。それが頂点に達すると肛門筋では押さえきれなくなってくる。そうなると悲劇が待ち受けることになる。今回はそれを避けられてありがたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

寒気が南下

強い寒気が南下したと言われる関東地方は久し振りの快晴で遠くの山々の稜線も青空に浮かびその上に白い富士が見えた。これからは冬に向ってしばしばこの光景がみられることだろう。昨日筋肉痛に悩まされたことが嘘のように本日は快調にいつもの公園を一回りしてきた。年齢には勝てないかなと弱気になっていた自分を忘れたかのような快適な一日のはじまりだ。
DSC_1466.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

筋肉痛

朝眼が醒めたら何となく体のあちこちが痛い、紅葉狩りで使った筋肉に久し振りに痛みが走る。日頃の早朝ウォーキングだけでは鍛えが足りないようである。一緒に行った知人からもメールで“ハイキングで筋肉痛になるようではこれからの長寿社会に対応できないので普段からのトレーニングで鍛えておいてください”とある。

退職後は時間管理が自由なこともあり、山岳部OB仲間より少し自分に甘えすぎているのかなと自問しつつ、ギターとスローライフを愉しんでいる分だけつけが回って来たのだろうと納得している。それにしても山歩きは最高に気分が良いので、次回にそなえて足腰の鍛えをどうするか問題だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

湯河原ハイキング

1905(明治38)年に設立された日本最初の山岳クラブ、日本山岳会員で国内外を月に2回以上は山歩きをするという知人から、一泊二日でキンメダイが食べられる温泉付きの紅葉狩りに行こうと誘われて湯河原に行ってきた。米国のホイットニー山(標高は4,418mでアラスカを除く合衆国本土の最も高い山)に同行させていただいたこともあり、これまでの山歩きの師でもある。
http://www.withcamera.sakura.ne.jp/Northamerica/calif_1/calif264.jpg

現地湯河原駅前に11時30分集合という事で早朝に家を出て我が団塊世代には名の知れた人の店と看板がある駅で男二人に女三人の五名が揃い、そこからバスで池峰もみじの郷を散策し、その夜は誘惑された歴史ある温泉につかり美味しいキンメダイを食べながら近況報告に昔話に花が咲く。

DSC_1457.JPG

次の日はホテルからバス移動して幕山ハイキング、登る前に見上げた山は写真のように紅葉が始まりかけたなだらかな丘に見えたが、意外と急坂が長々と続き途中で膝がガクガクしてきた。山歩きには必ず励まし役と励まされ役の二つがあるが、今回はこれまでやったこと無い励まされる役になってしまった。前回の那須の茶臼岳以来半年ぶりで筋肉がなまっていたようで情けない。
DSC_1464.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする