2018年01月30日

OneDrive機能に挑戦

今回パソコンを新しくしたついでに“OneDrive” 機能を使いこなすことで認知症防止もかねて一石二鳥を狙い取り組むことにした。それにはデジタルカメラで写真を撮り始めた1997年1月1日より撮りためた写真すべてを取り込める“Googleフォト”アプリを使うことにした。

これまで各種ハードディスクやUSBそれにSDメモリの写真をすべて取り込んだ。実際手掛けてみると新たな機能が多く、古びた頭脳には大きな刺激となり理解するのが実に難解であった。朝の8時頃から取り組んで大量の写真データを取り込み終えたのが午後4時頃だった。

しかし、それでは終わらず取り込んだ写真データが横を向きや逆さになっているものをすべて回転修正しなければならなかった。それを含めて取り込みがすべて終わったのが7時過ぎになってしまった。これには閉口したが根気よくやるしかなかった。

取り込んだ後に付随しているアシスタントという機能を見ているうちにその素晴らしさに驚いた。最新のAIを駆使した機能なのか取り込まれた写真を自動分析してアルバム、ムービー、コラージュ、アニメーションを自動育成してくれる。一度写真を取り込めば実に便利な機能で、その後の手間暇かける時間が大幅に短縮されるだろうと思われた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

遠隔操作

昨日までのストレスが嘘のように新しくなったパソコンが快適なスピードで動くようになった。それにしてもこれまでのパソコンの資産を継承する作業の面倒なことこの上ない。

最近のパソコンは仕様が実に高度になり、複雑な設定作業が多くなってしまって昨夜から今日の午前中いっぱいかかった。それもただひたすらシステム更新とこれまでのデータ転送とに何時間も待たされる。

しかも、解りにくい代表みたいに言われているパソコンのマニュアルでは、理解に時間だけが過ぎてゆく。日ごろ実務でパソコンを扱っていない者には難しいものである。

今回は幸いにも週末に息子が、遠隔操作のアプリを使って作業のほとんどを自分のパソコンから操作してこれら作業を手伝ってくれた。こんな時ほど息子の存在をありがたく思う。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

パソコン届く

五年程前に購入したデスクトップパソコンが、Windows10にバージョンアップしてから極端に遅くなってしまった。このブログを立ち上げるにも、仲間のブログを見るにも、メールを見るにも、検索やニュースも待ち時間が気になりだしてイライラでストレスがたまるばかりだった。

特に興味ある仲間のブログでとても熱心に写真や動画を載せて内容を充実させておられる方のブログは、中々呼び込めずについには待ちきれずに途中で中止することが多くなった。我家の大蔵省の許可を得て息子に機種選定と注文をしてもらったパソコンが雪の日に届いた。次はこれまでの使用環境設定とデータの引継ぎというこれまた面倒な作業が残っていて長男は週末が忙しくなりそうだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

冬は昼間にシフト

これまでウォーキングは気持ちの良い早朝に限るとばかり思いこんでいたようである。お蔭で何年何十年と体調不良で寝込むことはなかった。それが昨年の経験から高齢になると抵抗力が劣ること、特に冬の寒さには敵面だと知った。そこで今年になって、気温の高くなった昼間の時間に再開したところ、いつものような快適さが戻ってきた。

早朝ウォーキングを始めた頃に毎朝お会いしていた同年齢の方が、数年前から冬場のこの時期だけ見かけなくなった。しかし、気温が上がる春になると必ず早朝お会いするのであったが、本日その理由が判明した。日中の一番暖かくなる時間帯に毎日お会いするようになった。彼女は私より賢く冬の寒さを避けて昼間のウォーキングにシフトされていたのだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

餅つき行事

曇り日で寒さがつのる正月明けのこの日だったが、当住宅では集会所に住民が集まり餅つきを行うのが恒例になっている。住民が昔ながらの方法で杵を使って交代で餅つきを行なう行事である。

以前は住民が皆若かったが、築三十年にもなると集まる皆さんも高齢になっている。しかし、独立して別なところに家庭を持った子供たちが、この日に孫をつれて顔見世に集まる日ともなっている。

そのほか集合住宅では住民の交流が疎遠になりがちだが、当住宅では季節ごとの催しの他にも、ほぼ毎日集会所で囲碁、将棋、麻雀、ブリッジ等の趣味の交流会も行われている。

餅つきを待ち望んでいた息子は始まると同時に家を出て手伝いに出掛けたようである。しばらくたって持ち帰ったつきたての餅が美味しく感じられた一日だった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする