2017年06月13日

工事が進む

何やら巨大な足場が両サイドに出来上がったようである。これからどんな工事が進むのだろうか。公園の象徴のように高くそびえる白い煙突もなにやらはしごみたいなものが取り付けられた。
DSC_1675.JPG

それにしても鉄骨だけの足場も近くで見ると迫力のあるものである。従来の建物は依然としてそのままになっているが、どんな建物になってゆくのだろうか。そしていつ完成するのだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ツバメグリル

息子夫婦から食事の誘いがあり、これまで何回か出かけた品川駅前のツバメグリルに半年ぶりに家族五人が集まり、昼食を一緒にすることになった。いつもと同じ名物ハンバーグを食べながら近況を話し、お互い元気なのを確認するだけだが、我が家族にとっては大切なこと。この日はサプライズで父の日のプレゼントをもらい家族のありがたさを再認識。

久し振りに朝10時頃から出かけて午後5時頃まで街中で過ごすことになった。このところにぎやかなところに出掛けるのが億劫になり家でのんびりと過ごすことが多かったが、気になっていたお見舞いも方向が同じだったのでこの機会にと出かけた。東京は実に大都会である、日中30度を超す暑さの中あちこちで外国人旅行者の姿がやけに目に付いた一日だった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

道路脇の古自転車

久し振りに道路わきに止めてある例の古自転車を見つけた。いつもの場所にいつもの様におかれた古びた自転車がポツンと一台だけ止めてあった。持ち主のご老人は森の奥の方でパンダ猫と戯れているのだろうか。
DSC_1669.JPG
この数日写真の道路脇だけではなく木の上や道路の反対側で老人を探しているようにも見えたパンダ猫。しかし、今日は猫も老人もその姿は見当たらなかった。これから暑い夏に向かって人出も多くなり、パンダ猫も老人も色々とややこしいことも起こりそうだが、明日は元気な姿を見てみたい。そしていつまでも仲良く過ごしてほしいものだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ご褒美7個目

今朝は枝を手繰り寄せ少し大きめの実をゲットする。このところ毎朝一個か二個は色づくビアのお蔭で楽しみが増えた。自然が与えてくれる恵みは公平に分け合わなければならないという教えに従い、二個あるいはそれ以上色づいても頂くのは一個にしている。

二本あるビワの樹もこれまで片方だけが先行して色づいていたが、今朝からは少々小振りの実をつける、もう一本の樹の陽当りの良い場所にある実にも色がつき始めた。未だ強敵の鳥には気付かれていないのか、あるいは早すぎると敬遠しているのか、有難いことに競争相手が居ないのがありがたい。今日で7個目のご褒美を頂くことになった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

老人とパンダ猫

先日、久し振りの雨の中を傘片手にウォーキングしていて気になったことがある。このブログにも何回か登場した公園に住み続けているパンダ猫の様子である。自転車に乗って毎朝食料を届けておられた高齢の男性が体調不良なのか時々休まれている様子。

そんな訳でバンダ猫が道路の端で座り込んでいる日が目立つようになった。これまではパンダ猫が高齢者の方が自転車を止める場所まで出て来て待つことは殆どなかったことだったのでどうしたのかと思っていた。

先日のこと全く別な自転車が同じ場所に置いてあったので、パンダ猫は高齢者に会えたのかなと思っていた。ところが、いつもの森の中の場所を覗くと全くの別人で同じく高齢者の女性の方が傘を片手にパンダ猫の面倒を見ておられた。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする