2017年02月21日

秘密のベール

清掃工場が停止し数カ月、敷地周りを目張りして建物が外部から見えなくなった。近くのデパートの高台から見下ろす敷地の中に大型ショベルカー、大型掘削機、ブルドーザ等が運び込まれている。しかし、さらに建物もテント布で全体が目隠しされている。果たしてどんな工事が進行しているのか外からは全く見られない。完成してからのお楽しみだ。
DSC_1543.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

春を待つバラ園

三寒四温が始まったばかりのこの時期、昨年開園し数多くの種類の花を咲かせたバラ。近隣の住民に多くの喜びと素敵な香り、それに心のゆとりまでを与えたバラ園。今はまだ若木のためか背丈も低く、剪定が終わったばかりのかぼそい樹々が春の訪れを今か今かと待っている様子。暖かくなればまた賑やかになるだろう園の周りは、人影もなく朝の寒さの中で春がくるまでの静かな時間をすごしている。見えない地中では春先の活動時期の夢を蓄えているのだろうか。
DSC_1537.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

叱咤激励

人の成長は苦しみを乗り越えた時に一歩前進すると言われているが、その通りだと思う。順風満帆でこれまで来た人の弱さを何回も目の当たりにしてきたことを思えば、それが証拠にさえ思われる。そのことを多く知る年齢になった自分の仕事は何かと考えるに、後から続く人にそのことを知らしめてあげることではないだろうかと考える。

叱咤激励とはよく言ったもので、まさに当を得た言葉であり使い心地の良いものである。恨みを買いたくないために使う盾みたいな言葉であり多用されている。自分もその使う方の仲間になって行こうと考えている。腕力も能力も情熱も若い人と対峙するには厳しいものがあるだけに、この叱咤激励を歳重ねた自分の特権と言いつつ利用して行こう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

常識的な言葉

若い頃一時他人との交わりの中で人並みに悩んだ時期があったが、その頃に目にした言葉だ。しかし、当時も特別に感銘した訳でもなくそんなものかとしか考えられなかった言葉だった。では今は如何かと言われれば当たり前の言葉なのかなと思うが、それを常識的な言い回しを使って言えるところが孔子らしいのだろうかと考える。

<<十人が十人とも悪くいう奴、これは善人であろうはずはない。だからといって十人が十人ともよくいう奴、これも善人と違う。真の善人と、十人のうち五人がけなし、五人がほめる人物である。 孔子の言葉>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

梅が咲いた

昨日までは全く気付かなかったが、公園内の裸の樹々に白い花が咲いていた。そうだもう二月に入ったので梅の花が咲いてもおかしくない。しかし、北風の強い今朝の寒さは今年最低の体感温度。そんな中で新春への希望をいち早く伝えてくれるのが梅の花である。
DSC_1526.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする