2018年04月15日

リンゴりんご林檎

以前山形に住む知人から季節便りとしてりんごが実っている様子を撮った写真を送ってくれた。これほど凄い数が一本の樹に実るものとは思ってもいなかった。
IMG_0813.jpg


これから色々な果物を食べる機会が多いので美味しかった果物の種を我がベランダ農園に蒔いて育てるのを愉しみにしている。りんごも小さな芽が五センチほど伸びてくるのだが、冬場に向かう頃にはすべて枯れてしまうのをこのところ毎年繰り返している。夏場の高温多湿強風の悪環境か、それとも購入している土か、肥料不足か、水不足等々色々原因を素人なりに考えているのだが未だ成功していない。今年も先週りんごを含めて昨年集めた色々な果物の種を蒔いたが、今年はどんなドラマが生まれるだろうか楽しみである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ボヤクことしきり

久し振りのボヤセンだが読むたびに自分のことのような錯覚さえ覚えるようになった。その上、最近は昼飯の後には強烈な眠気が襲うようになり、朝寝朝酒はないが昼寝はいつの間にか繰り返している。人生の残り少ない貴重な時間だが、覚醒時間まで短くなってしまうのでは困ったものだと日々ボヤクことしきり。

限界だ 元号三つの 齢計算
AKB わしらはこれよ AED
年寄りに 渡る世間は 罠ばかり
若作り した日に席を 譲られて
骨が減り 知人も減るが 口減らず
補聴器を そっとはずして 聞く小言
お迎えは 何時でも良いが 今日は嫌
欲しい物 今じゃ優しさ だけになり
暑いので リモコン入れると テレビつく
居れば邪魔 出かけりゃ事故かと 気をもませ
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

かたらい

これまであまり気にしなかったが、公園内の車道の両脇に桜並木が続く一角に羊の親子像がある。満開の桜を見学に通りかかって普段忘れていたが、満開の桜の下で小さな子供たちが走り回っているそのそばでいかにも長閑な風景を醸し出している。
IMG_0219.jpg

先日紹介した“平和への祈り”の像を含め公園内にはこのような像があちこちに見られる。光が丘公園の造園時にはいろいろな検討がされたことが伝わってきて、それを現在楽しませていただいていることを思えば当時に造園に携わった人々に感謝したい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

チョットした事件

本日用事があり御茶ノ水駅近くまで出かけた帰りにチョットした事件に出会った。それは午前中いっぱいかかった用事が終わり地下鉄を乗り継いで帰宅途中での出来事だった。

電車を降りて駅の改札口に出るために上りのエスカレータに乗って中ほどまで上がったとき、お互い手を取り合い助け合っておられた二人ずれの高齢の方が同時に腰から後ろに倒れられた。たまたま四〜五段ほど下方に居合わせたのであわてて駆け上がりお二人を支え起こそうとしたが重くて支えるのがやっとだった。

お二人の頭が下方になりエスカレータも動いていたので危険な状況だった。それを見た方が幸いにも緊急停止ボタンを押して下さったので駅員の方も助けに来られ、幸いなことに怪我が無くてすんだ。原因は病弱の方を支えながら二人分の重い荷物を両肩に担いでおられた方がエスカレータの動きでバランスを崩されたようである。高齢者はバランスをとることが難しくなっているので十分な注意が必要だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

イースター・エッグ

バラ園の垣根の金網に色とりどりの卵を模したのが先月から飾ってあったので今年もイースターが近づいていると思っていた。毎年変わるので四月に入ったのでもうすぐだろうと思っていたところ、今年は四月一日がそうだったとは知らなかった。小さな子供でもいればそんな情報も入りやすいのだが、今年はこの写真だけが名残になった。
IMG_0200.jpg


復活祭の卵とは、復活祭の休日もしくは春を祝うための、特別に飾り付けられた鶏卵である。元来染めたり塗ったりした鶏卵を使うが、現代では卵アレルギーの懸念などから、チョコレートで作られた卵や、ジェリービーンズなどのキャンディを詰めたプラスチックの卵で代用するようになってきた。

菓子を詰めたイースター・エッグについては、カラフルなホイルで包まれ中が空洞になったチョコレートの卵といったように、菓子業界があらゆる形のものを提供している。砂糖細工やペーストリーの装飾技術を駆使した繊細な作りのものもある。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする