2017年10月29日

サツマイモ

今年初めてベランダ農園で試みた大好きな食べ物がなかなか芽を出さなかったのが、8月ごろになってやっと芽が出て、今頃になって蔓が元気に伸びてきていた。果たしてイモが出来ているだろうか興味あるところだった。最近の寒さの中でも蔓が依然として元気なので今しばらく収穫するのを待っていたが、先日掘ってみたが全くそれらしきものはなかった。残念ながら今年のサツマイモ栽培は失敗だった。

DSC_1901.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

今年もメロンが

春に芽を出し順調育っていた三代目のメロンが夏場にうどん粉病にかかり全滅してしまったので、今年メロンは途絶えたと思っていたら思いがけなく狭い農園の片隅で育っていた。
DSC_1896.JPG

昨日アケビの移植をしているときに気づいたのだが、その後新しく出た芽がサボテンの根元のところでビー玉ほどのメロンを実らせていた。蔓の長さも20cmもない小さなものに良くぞ実ったものだ。あまりに小さくて食べられないだろうと思うが、四代目につながる種が出来ているかが興味ある。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

アケビの盆栽

以前妻の実家の母にアケビの苗を見つけたら送って欲しいとお願いしていたら、鉢植えで何十年と育った雌雄の盆栽が届いた。近所に住む盆栽を趣味とする方が数十年かけて育てたもので幹の太さから想像できる。しかも、毎年沢山のアケビがなっていたとのことで簡単に手に入るようなものではない。高齢になり育てることが難しくなってきたので手放すということで貰い受けたとのこと。
DSC_1894.JPG

盆栽を扱うのは素人の上、過酷な我がベランダ農園の環境で果たして大丈夫だろうかと心配になったが、早速大きめのプランターに移植し農園の仲間入りをしていただくことになった。又、これほどりっぱなものを枯らしてしまったら、これまで育ててこられた方に大変申し訳なく思う。元気に育ってほしいと願いを込めながら二時間近くかけて移植した。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

レモン収穫

鉢植えで育てているレモンが三年連続で実っている。他の植物や果実がベランダ農園特有の暑さ・寒さ・強風の厳しさに耐えきれず、枯れてしまった中で良くぞ生きている。特別な保護もせず朝の水やり程度だけで育つところを見ると、環境への適応力が高いようだ。
DSC_1851.JPG

今年の収穫は6個で最大でもゴルフボールより少し大きい程度が4個と1個はビー玉程度、そしてその中間のピンポン玉程度が1個だった。昨年も同じ大きさまでしか育たなかったが、香りと酸っぱさだけは市販のレモンに負けず劣らずの出来栄えだ。
DSC_1854.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

四回目の美人

開花初年度に四回目となる月下美人が二つ咲いた。面白いなと思うのは、咲いた花が終わったら新しくつぼみが芽を出しはじめて数週間から一月遅れで花が咲く。今回これを四回も繰り返してくれた。
DSC_1844.JPG


植物が育つには厳しい環境の我がベランダ農園で、挿し木から七年目にして花を咲かせただけに写真も数多く撮ってきた。しかし、良く言われることだが、子供の写真と同じで長男の写真の数と比べれば次男はその半分、そして三男になればさらに半分となってしまう。四回目となると撮る写真の数も最初に比べれば随分減ってしまったが、咲く花の大きさは次々と大きくなっている。
DSC_1843.JPGDSC_1842.JPG

朝夕めっきり涼しくなって今のところ新しい芽はないので、今年はこれが最後で見納めになるのだろうか。他の野菜や果物の植物がほぼ壊滅に等しかった今年の農園で、それに見合うほどの最高のプレゼントをもらったような気分だ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする