2017年04月22日

省みる機会

現役時代良くお目にかかった言葉である。何かと意見の違いがあると内心自分が正しいということに取り付かれることが多く、自説にこだわることもあった。独り静かに反省の意味を含めてこのフレーズを紐解くことが多かった。そんな時、未熟で愚かな自分を省みる機会を与えてくれた言葉で何度も助けられた。

<<ときには、敵のほうが正しいこともある。というのは、人間の心は生まれつきはなはだ利己的であって、どんな論難攻撃をもすべて自分に対する侮辱だとかんじるからである。
 ヒルティの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

素敵な言葉

<<何かいいことをしようという気が起ったら、たとえそれがどんなに小さいものでも即刻その気持ちに従って、実行に移し、折角の気持ちを変えないように、先へのばさないようにしなければならない。

同様に悪い事をしたくなったら、直ちに心の中で抵抗しなければいけない。さもないと、いいことをしようという気持ちが次第に弱くなり、稀になると共に、悪事に向かう気持ちほうは抵抗を受けないためにますます強く、ひんぱんに起こってくることになる。

善悪いずれにおいても先へ進むということは、われわれが普通考えている以上に小さなことから成り立っているもので、その両者のどちらかが習慣になるかによって、人は、その生涯を決定的に勝ち得たり、あるいは決定的に失う結果になるのである。ヒルティの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

立ち止まって考える

最近ワイドショー番組が賑わっていてテレビを見ても退屈することがない。国内だけでなく海外の話題も次から次に提供してくれるので居ながらにして世界旅行をしているような気分である。

しかしこのところ世の中は少し過激な発言と非難合戦もあり少々不安が募るような気がする。話題が話題だけにあまり後味が良くないのもありスッキリしない。同様なことが昔もあったのだろうか、我が心の師ヒルティは次のような考えさせられる言葉でアドバイスをしてくれていた。単に興味本位ではなく立ち止まって考える必要があるのかもしれない。

<<何ごとも平然ととれ。ただし、不正と罪はこの限りではない。これは平然と受取ってはならない。世人はたいがいこの逆をいっている。 ヒルティの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

ニーチェの言葉

<<過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。ニーチェの言葉より>>

当時ニーチェという名前は知ってはいたが、これまで関係した本は一冊も読んだことが無かったので退職するころまで殆ど知らなかった。それがどうしたことか、偶然立ち寄った書店で立ち読みしたのがキッカケだった。不思議なもので本との出会いというのは、その時どんなことを考えていたかで選ぶことになる。当時退職を間近に控えてこれからどうしようかと考えていた頃だろうと思う。書店で立ち読みを続ける内に、これまでの人生経験に照らし合わせると実に多くの納得できる言葉が凝縮されていて一冊買い込んだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

真理は共通

好きなギター練習がほとんど進歩しない状態では、色々と考えることも多い。特に退職後の高齢で始めたこともあり残りの人生を考えると、愉しめる時間も少なくなってくるので少々焦り気味になったり、もう少し若い時期にスタートしていたらと思ったりしていたら、自然と目に入って来た言葉である。どこの国でも真理は共通するのだろうか、もう少し余裕をもって練習に取組めるようにしたいものだ。

<<焦ることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役にたたない。前者は過ちを増し、後者は新しい後悔をつくる。 ゲーテの言葉より>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする