2017年09月16日

曼殊沙華

“赤い花なら曼殊沙華・・・”、幼年期に亡くなった母がいつも口にしていたこのメロディが今も耳にこびりついている。今年も又公園のあちこちで、昨年と同じ場所に赤い花がまとまって咲いている。すーっと伸びた茎に鮮やかな花だけがついて茎と赤い花だけの妙に妖しく見える花であるが、赤い花がまとまるととても豪華な雰囲気をかもしだす。
DSC_1798.JPG

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味でおめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ているそうです。お彼岸の頃に咲くので彼岸花とも言われるそうですが、花言葉は数多くあり「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」「死人花」「地獄花」「幽霊花」「毒花」「痺れ花」「天蓋花」「狐の松明」「葉見ず花見ず」等。
DSC_1800.JPG

開花期間が1週間ほどなのに、昼と夜の長さがほぼ等しくなる秋の彼岸と時を同じくするかのように開花します。そんなわけで「彼岸花」とも言われています。あの世とこの世が最も通じやすい時期に咲く花でもあり、葉は花が終わってから出て来ます。しかも、普通の植物とは逆の順です。
posted by Tommy at 04:00| Comment(4) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

テレビ見始め

今日は何の日という放送を毎朝聴いている。4月10日の放送は皇太子(今上天皇)(25)と美智子妃(24)の御成婚パレード。53万人の観衆。ラジオ・テレビで実況中継(1959)があった日とのこと。

当時はやっと物心ついた時期だったが、今でも覚えているのは故郷の小さな子沢山の貧乏村で最初にテレビを購入された家が誇らしげにテレビについて村中の人々に説明されていた。放送ではテニスで結ばれたお二人で、美智子妃は初の民間人から皇室に入られるとの説明だったと思うが、農業以外何もない小さな村では皇室が、テニスが、パレードがと説明されても何かもわからず、物珍しさもありただひたすら小さな画面の白黒テレビを村人の間から食い入るように見ていた。

あれから半世紀以上経ち、テレビは日常生活の中に溶け込んでしまい特別なものではなくなったが、故郷の村は当時よりさらに過疎化して実況中継に村中の人が集まった家も今はなく荒れ地となっている。世の中の動きは目まぐるしく進化しているが、栄枯盛衰は人間の常とは真実をついた言葉に思えてくるこの頃である。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

侘びしいこと

ご夫婦とも余命数カ月という連絡を受けてお見舞いに行って三日後に奥様が召された連絡を受けて、今月は実に淋しい思いです。妻と一緒になったころ大変世話になった親戚のご夫婦、今の自分達には出来ないほどご厚意を頂き事ある毎に声をかけて頂いていた。

他の親戚の方々にも大なり小なり大きな影響を与えて慕われてこられたが、寿命なのか通夜そして告別式と終えた今、人生のわびしさがひしひしと感じられる。残された我々や親戚一同も、いつかは寿命というのがある限りは同じ道をたどることでしょう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

夜と霧

最近この地球上で繰り返される悲劇が大きなニュースになることが多く、その度に思い出す本がある。もう何十年も前の高校生のころ、当時の教師に一度は読んでおくべき本として紹介されたのが上記タイトルの本であった。しかし、社会に出て家族を持ちこの本の存在を何かの書物で目にして思い出すまで読むこともなく過ごしてきた。偶然立ち寄った本屋でこの本を見つけて読んだのは既に50歳代だったろうか、こんな悲惨な生活を書き残した著者のヴィクトール・E・フランクルの下記記述は人間の真実を伝えているように思える。

<<私達は恐らくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とは何者か。人間とは、人間とはなにかをつねに決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りの言葉を口にする存在でもあるのだ。>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

笑い顔

確かにそうだとうなずけるのは“笑う門には福来る”という言葉の意味である。実際問題不機嫌な顔の人のところには、近寄りがたいのできっと福の神も近寄らないのだろう。

人生にはいろいろな生き方や感情がある、怒り、苦しみ、悲しみ、泣き、笑うそんな中で折角与えて貰ったこの人生、自分で愉しみ周りも楽しませて生きて行くことが大切と今は切に思う。人間の短い歴史の中においてもこのことがあちこちに見出される。気持ち良く微笑んでいる人のところへは来客も多いが、自分の悩みにつかまって渋い顔をしていると誰も近寄ってこない。そんなことが何度も繰り返されて今日があるような気がする。

自分に笑いを与えてくれたのは明らかに母の性格ではないだろうか。学校から帰っても家に母がいなければ、小さな田舎だけに静まり返った村で笑い声を探せば、母の居所が即座にわかったことを思い出す。その母が若くして亡くなって一時期全てが闇のなかに放り込まれたような静けさになって、笑い顔一つない無表情の顔が出来上がっていた気がする。それが社会に出てからも続き全く面白みのない生活が十数年も続いた。それが破られたのは、母にも似た性格で私の殻を破り遠い昔に母が形成してくれた明るい性格を引き出してくれた家族である。それが今の私の信条にしている愉しく過ごすにつながっているようだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶の底 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする