2017年05月21日

ソロモンの箴言

学生時代に読んだ旧約聖書の中にあった一節だが、当時は何の意識も持たずに読み過ごしたものだ。今朝ほど何となく手を伸ばした別の本で引用されていた。あらためて読み直すと何となく味わいの或るものである。長い人生の中で見聞きしたことが意味することの理解に役立っているのだろうか。

知恵を求めて得る人、悟りを得る人はさいわいである。
知恵によって得るものは、銀によって得るものにまさり、
その利益は精金よりも良いからである。

知恵は宝石よりも尊く、あなたの望む何物も、
これとくらべるに足りない。

その右の手には長寿があり、左の手には富とほまれがある。
その道は楽しい道であり、その道筋はみな平安である。

posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

地球一周その2

早朝ウォーキングが来月で4年目を迎える。年350日歩くとすると1400日で毎朝4kmだと合計5,600kmとなり約3,500kmの日本列島の1.6倍に等しい。

地球一周の旅に出たのは20歳頃からである、東京に出て来て多くのことに面喰い自己嫌悪に陥っていた自分を取り戻そうと始めたのが、早朝のジョギングで同じく4qほどだった。ジェイムズ・フィックスがジョギングの提唱者として知られ、ジョギングを世に広めた人ですが、当時はそれほど盛んでなくジョギングという言葉も日本に紹介されたばかりのころだった。

どういうわけか走った後の心地良さで中毒になって11年間ほど続いた。その間の合計距離は15,400q。其の後仕事が忙しくなり転勤・転居を繰り返したこともあり定年退職して再開するまで中止期間は続いた。定年退職後は膝への負担が大きいジョギングからウォーキングに替わった。地球一周の距離は約40,000qで残りは19,000qとなる。これから毎日4qとし年350日で年1,400q、残りは約14年必要となるが、それまで健康で元気に過ごしたいものだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

祭りごと

週末はファミリー祭りが予定されているようですがはたしてどんなお祭りだろうか。コブシ祭り、モンゴル祭り、練馬祭り、サクラ祭り・・・次々とほぼ毎月あるいは月数回の大小の祭りが繰り返されている。

子供が小さい頃はせがまれて一緒に出掛けたものだが、成人してからは一緒に出掛ける機会もなくなった。今は独りで早朝ウォーキングだが、同じような年代の人が同じように黙々と公園の中を歩き回っている。
DSC_1650.JPG

数ある同好活動・集まり・発表会等は相対的に高齢の女性どうしが多く、高齢の男の参加は限られている。しかも、同じ世相の中で伴に過ごしたご夫婦が一緒というのは滅多に見られない。夫婦そろって元気なのが少ないのだろうか、それとも高齢の男は元気ないのか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

ギター練習状況

この二年ほど親指の矯正に取り組んで来たこともあり、毎日毎日モチベーションの上がらない練習を継続して来た。そんな訳でブログに書き残すことさえ縁遠くなっていた。しかし、最近何とか親指の常時巻込みはなくなった。今は思い出したように出て来ることもあるが、とりあえずは巻込み矯正にある程度の目途が立った。

講師に巻込み癖を矯正しないとトレモロ曲は弾けないと言われ矯正を続けてきたが、これほど長くかかってしまった。しかも、同時にアドバイスされたのは奏法を変えると、まず半年以上はこれまで弾けた曲を含め殆ど弾けなくなる。それを念頭に慌てず急がず継続して行くことが大事だとのことだったがそれも全くその通りである。

以前弾けた曲をと譜面見ながら弾こうとしても親指がいう事を聞いてくれない。矯正した親指の感触としてはギターを始めた頃に感じたぎこちなさやもどかしさが戻って来たようである。これから改めてギターを始めるつもりで取り組むことになりそうだ。習い事の初めは何ごとも基礎が大事と言われる、振出に戻った気持ちで取り組みたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

お見逃しなく

光が丘公園に二カ所あるバラ園は両園とも今が満開で最高の時です。毎日多くの人々がスマホやカメラ片手に見学されています。昨年開園したローズガーデンは若木が多くバラの花数ももう一つですが、バラの種類は極めて多く香り別に仕分けが行き届いています。花数が少ない分は他の種類の花で補っており見応え十分な状況です。
DSC_1646.JPG

以前からあるフランス庭園の方は既に何十年もの実績があり、これまでも多くの住人が魅せられて来たほどで最高の出来栄えになっています。全ての花を写真に撮ってお見せしたいほどバラの花が豪華に咲き誇っています。今年も名所のバラ園を決してお見逃しなく!
DSC_1644.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする