2018年01月12日

父のこと

父は本当に寡黙な人であったと思う。殆ど怒られたことのない子供時代に、同時に思い出すのが話をしたことが殆どなかったことだろう。小さいころは囲炉裏の傍で良く父の膝で一緒に過ごした思い出がある。それ以外は藁で作るむしろを毎日織っていたのが思い出される。夜はそのためか足で踏むマッサージをさせられたのも思い出として残っている。

仕事を手伝うときにも何かをやるにも、殆ど黙って話そうとしない父がそこにいたような気がする。別段話さなくても良いだろうというような感じで黙々と仕事をしていたようだ。特別にキセルで飲むタバコを美味しそうにしていた。一度だけ川魚釣りにつれていって貰ったことがあるが、そのときもそれほどインパクトのあるものでも無かったが、妙に鮮明に覚えているのが面白い。

高校に入ってからは若くして亡くなった母にかわり、家族の食事作りも加わったが何一つ感情の乱れもなく村人から出来た人といわれ満足している様子であった。海軍に長年勤めてアジア各国の港を訪問したこと以外、淡々とした生活を続けて特別に強い意志があるわけでもなかった。貧乏な家計の中で今思うに申し訳なかったと思うが、長距離通学にバイクをねだる自分にも怒るこることなく対応してくれた。

自分自身の生活を楽しむというようなことも無く歳とってからは妹の世話になったが、寂しがりやで妹をいつまでも嫁がせたくない気持ちで過ごしていたようであった。つまり父は寡黙で家族には影の薄い存在であったような気がする。親子とは良く似てくるもので自分もいつの間にか寡黙になって来たと思うこのごろである。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

冬は昼間にシフト

これまでウォーキングは気持ちの良い早朝に限るとばかり思いこんでいたようである。お蔭で何年何十年と体調不良で寝込むことはなかった。それが昨年の経験から高齢になると抵抗力が劣ること、特に冬の寒さには敵面だと知った。そこで今年になって、気温の高くなった昼間の時間に再開したところ、いつものような快適さが戻ってきた。

早朝ウォーキングを始めた頃に毎朝お会いしていた同年齢の方が、数年前から冬場のこの時期だけ見かけなくなった。しかし、気温が上がる春になると必ず早朝お会いするのであったが、本日その理由が判明した。日中の一番暖かくなる時間帯に毎日お会いするようになった。彼女は私より賢く冬の寒さを避けて昼間のウォーキングにシフトされていたのだ。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

餅つき行事

曇り日で寒さがつのる正月明けのこの日だったが、当住宅では集会所に住民が集まり餅つきを行うのが恒例になっている。住民が昔ながらの方法で杵を使って交代で餅つきを行なう行事である。

以前は住民が皆若かったが、築三十年にもなると集まる皆さんも高齢になっている。しかし、独立して別なところに家庭を持った子供たちが、この日に孫をつれて顔見世に集まる日ともなっている。

そのほか集合住宅では住民の交流が疎遠になりがちだが、当住宅では季節ごとの催しの他にも、ほぼ毎日集会所で囲碁、将棋、麻雀、ブリッジ等の趣味の交流会も行われている。

餅つきを待ち望んでいた息子は始まると同時に家を出て手伝いに出掛けたようである。しばらくたって持ち帰ったつきたての餅が美味しく感じられた一日だった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

ギターも持続的に

退職してから始めたクラシックギター、四年たっても弾きたいと望んでいたトレモロ曲さえも全く手を付けられない。練習を始めたころは四年もあれば十分と高を括っていたけれど、高齢から始めると若い頃のように体力も気力も柔軟性はなくなり思うようには上達しない。このような人間の状況を見通していた我が心の師は既に次のように指摘している。そして、心優しくも厳しい解決策も示唆してくれている。

<<たいがいの人は自分が望むところをまったく知らず、またそのことについて本当に考えてみることもめったにないのである。少数の人々のうちには、不可能なことを望んで、無駄に過労してしまう人もあるし、その欲するところが動揺して、そのために何ごともなしとげないという人もある。しかし、何か不可能なこと、自分の力にも現実の世界秩序にもかなったことを断固として持続的に意欲する人々は、おそらく常にそれをやり遂げてきたのである。・・・ヒルティの言葉より>> 
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

二カ月振りのクラブ

快晴の日曜日、久し振りのギタークラブである。昨年11月初めに起きた溶連菌感染症による体調不良で、約二カ月近くギタークラブへの参加もギター練習もできず、もやもやした日々を過ごしていた。嬉しい事にいつものギター仲間は元気に練習に励んでおられ、皆さんに“もう大丈夫?”と声掛けをしていただいた。

皆さんそれぞれ三月の発表会に向けて既に次々と新しい曲に取組んでおられて、二カ月も休んでしまうと自分だけが取り残された気分になってしまう。しかし、今年はあわてず確実に長期目標で取り組もうと決めたので、風邪にも負けず健康を維持し、練習を継続することを第一に考えて行きたい。
posted by Tommy at 04:00| Comment(6) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする