2017年09月11日

納骨法要

今年相次いで亡くなられた伯父夫婦の納骨式が、神奈川県で行われるというので早朝から出かけた。家族・親戚関係が集まってお寺での法要は今回が初めての経験だった。伯父が亡くなられる前に購入されたというお墓に、最初に収められるまでの一連の流れの中で人生とはと考えさせられる。自分たちの死後のことも考えなければならないのだろうか。

片道二時間の道のりはお参りに行くには少々遠いところだが、残された家族には自宅の近くであるということで選ばれたお墓なのだろう。最後まで見届けてくれるのはやはり血肉を分けた子供兄弟姉妹ということで参列した人たちも皆さんそうであった。我々夫婦も高齢で四国の山奥に住む母の代理として参加し末席に座らせていただいた。

参加された大半の親戚関係の方々は何れも高齢で、中には既にお墓を購入し準備されている方や現在探し中ということだった。真新しい墓石が並び、良く手入れされた寺院内は昔の暗く怖いというイメージとは大きくかけ離れていた。これまでは色々な人生の夢やそれに伴う家族の生活を考えていたけれど新たなテーマが加わったような一日だった。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

何という植物?

毎年この季節になると気になる植物がある。公園に植えてある常緑樹なのだが変わっているのはマメ科の鞘のような赤いものが出来てくる。
DSC_1781.JPG

毎朝側を通るので大きくなる過程を見ているのだが、特別に花が咲いたわけでもない。最初は葉のようなものが虫に食われて変形してきているが、次第にマメ科の鞘みたいになっていかにも中に実が入っているようにごつごつとしてくる。

何年か前に何か豆みたいなものが入っているのか開いてみたが、何もない状態で単に膨らんでいるだけだった。いつか調べてみようと思いながらもついつい忘れて今年も色づいてきて目に留まったのでスマホで撮ってみた。なんの目的でこんな形になるのだろうか。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

右手の矯正

親指の巻込み癖でその矯正に苦労している。親指が巻き込むことでギター演奏の基本中の基本であるアルペジオも弾けなく、音の流れが続く曲の演奏など途中で止まることが多い。講師と相談し二年程前から押弦後の親指が人差指の外側にとどまるように、指にリングをつけて強制的に親指が内側に曲がらないよう練習をしているが一向に矯正できていない。

先日たまたま読んだギター関連の記事のなかに“親指と人差指が45度になるようなイメージを意識しましょう”というのを見つけた。人は意識しないと指の構造上、かならず親指は人差指と手の平の間に入る形になってしまうことらしい。教本などを見ると卵を握るような形でと書いてあるのも同じ理由で親指が外にでるのを意識して練習する必要とのこと。

しかも、弦を弾くときは指先ではなく、指の付け根を動かすイメージをしよう。力を抜いた状態で手を握る動作をしてみると最初に指の付け根から動き、自然に指の先端を使って握りこむ形になるので、弦を弾く時もイメージは大切であるから脳がきちんと命令しないと指先は自然と曲がるので、何事もイメージをできるように訓練しましょう。

さらに、アルペジオの練習をするときは中指と薬指を交互に使ってみるとこれも難しい。なぜならこのふたつの指はつながっているからで、中指と薬指だけをVの状態にして指を動かしても自分の指ではないくらい動かない。最初は力が入ってしまい、あちこち痛くなるが練習を続けると痛みは無くなる。上記に書いたことを常に意識して練習をしてみよう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

眼鏡の効用

以前見たガイアの夜明けという番組で脳に優しい眼鏡の開発をした東海光学のことを知り、めがねを作り変えたことを思いだした。検眼し過去のデータと比べたところ、めがねを変える必要性を感じたので、当時そのような訳でいつものメーカではなく東海光学のレンズを使用して作ってもらうことにした。果たして本当に目の疲れがなくなったのだろうか。

仕事上でパソコンを使う事が多かったし、現在も利用しているので目の酷使が続いている。仕事内容も基本的な知識レベルが低すぎたことで、夜学や読書による習得を目指したこともあり目を酷使する機会が多かった。それが原因とは言えないまでもそれまでの眼鏡の交換頻度は以外と多く既に二桁台の眼鏡の数になっていた。それほど視力の変化が大きかったといえる。

その時新調した眼鏡を今もかけているが、このところ目に疲れが残ることが多いので眼科で相談した。検査室で視力・視野・眼圧等色々検査した後に視力を含め至って正常で特別なことも必要ないという。ふと例の脳に優しい眼鏡のお蔭だろうかと考えていると。最近良く聞くようになった、又もや“年齢的”に目の筋力が弱ってきているせいですとの説明。

世の中に眼鏡がなかったら自分の人生はどうなっていただろうか。情報や知識の約85%は目から取り込まれるといわれているので、これまでとは全く違った人生になっていただろう。自分で言うのもおこがましいが、眼鏡のお陰でいろいろな経験もあり、知識を得る機会も多かったと思う。概して眼鏡には感謝こそすれ恨みはいっさいなし。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ボケ防止10箇条

最近気になったことがある。早朝ウォーキング中にあるアイデアが浮かんできたので家に帰ったら実行しようと思っていたのだが、それが帰宅後にどうしても思い出せなかったのである。そうなると余計に素晴らしいアイデアだったように思われてきて、その日一日中気分がすぐれないものになってしまった。しかし、次の日に何かのきっかけで思い出したのだが、ボケが始まったのではと少々心配になってボケないための10箇条を探した。

@ 塩分と動物性脂肪を控えたバランスのよい食事を・・家族にお任せ
A 適度に運動を行い足腰を丈夫に・・・・・・・ウォーキングで対応
B 深酒とタバコはやめて規則正しい生活を・・酒タバコ全くやらない
C 生活習慣病の予防・早期発見・治療を・・・・・・・毎年健康診断
D 転倒に気をつけよう、頭の打撲はボケを招く・・ゆっくりを心掛け
E 興味と好奇心をもつように・・・・・下手なギターの練習を愉しむ
F 考えをまとめて表現する習慣を・・・・・・・ブログ作成を習慣に
G 細やかな気配りをしたよい付き合いを・・同好仲間と過ごしてます
H いつも若々しいおしゃれ心を忘れずに・・・これはボスにお世話に
I くよくよしないで明るい気分で生活を・・・・悩まないこと心掛け
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする