2017年07月10日

よさこい光が丘

公園の銀杏並木が続くメイン通りに今年もお祭りの案内幕が張られた。毎年開催される踊りの祭典は都内各地からの参加チームが集まり競演するにぎやかなお祭りである。

若い人々のグループから高齢のグループまでありとあらゆる年齢層の踊り好きな人々の踊りが楽しめる。華やかなコスチュームで銀杏並木通りを会場まで練り歩く姿は近隣住宅に住む多くの人々にとっても新たな活力を得るような気分である。昨年は雨にうたれた祭りだったが、果たして今年はどんなチームと踊りが見られるのだろうか。
DSC_1700.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

たがめ

折り紙を習い始めた初期のころ折ったのが出てきた。もう何十年も見ていないものだが、水中に生活している。子供のころ小魚すくいに行って紛れ込んでいると邪魔者扱いで捨てていたのを思い出す。
IMG_0132.JPG

<<肉食性で、魚やカエル、他の水生昆虫などを捕食する。時にはヘビやカメ等の爬虫類やネズミ等の小型哺乳類をも捕食する。鎌状の前脚で捕獲し、針状の口吻を突き刺して消化液を送り込み、消化液で溶けた液状の肉を吸う(「獲物の血を吸う」と表記した図鑑や文献もあるが、体外消化によって肉を食べているのであり、血のみを吸っているわけではない。タガメに食べられた生物は、骨と皮膚のみが残る)。自分より大きな獲物を捕らえることが多い。その獰猛さから「水中のギャング」とも呼ばれ、かつて個体数が多かった時には、養魚池のキンギョやメダカ等を食い荒らす害虫指定もされていた。天敵はサギなどの鳥類である。ウキペディアより>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 折り紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

珍しい光景

このところの梅雨前線の影響で曇り空の続いた関東地域だが、本日は雲の間から陽の光が射す暑い一日だった。我がベランダ農園の果樹や野菜からも水が欲しいといわれ朝と夕方の二回にわたり水を運ぶ。それを見ていた家族から空を見てごらんというので振り向くと写真のような巨大なハートマークが西の空に出来ていた。これまで見たことのない珍しい光景が夕日とともにあり、多くの人が目にしたのではないだろうか。
DSC_1032.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

リーダの仕事

<<リーダが果たすべき仕事として五つの仕事が上げられている。その一つ一つを十分に理解しているわけではないが、何となくそうなのかなという程度である。まだまだ修業が足りないことを示しているのだが、その五つとは次のようなものである。1.目的またはゴールを設定すること。2.現在地がどこかを認識すること。3.組織としての活動をしていく時間の経過の中で、どのような環境変化があるかを読むこと。4.どういう戦略をとって現在地から目的地までたどり着くかを策定すること。5.直接任務にある者を励まし、叱咤激励して実行すること。>>

誰の言葉だったか忘れてしまったが、自分の手元にメモとして残っているので読んだときに感銘した言葉であろう。これら五つの言葉が筋道としては理解できるが一つ一つが自分の経験とはなっていないのでそれぞれが訴える力は未だ弱いものである。目的を持ち現状を知り事前対応し方向性を出し懸命にやる。それだけのことかも知れない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

睡眠について

今の季節は日の出が早いこともあり目覚めが早い。朝5時前には完全に目が覚めてしまうことが多い。特に夜が早い訳でもなく11時から12時の間で寝ているのだが、高齢者には5時間以上寝れば十分というような話をどこかで聞いたせいか何となく安心している。それにしてもこのところ昼寝が続いている。高齢になり睡眠時間が少なくなっていることで眠気が襲ってくるのだろうか。若いころ夢中で読んだヒルティの本にも睡眠について次のように書いている。大事にした方が良さそうである。

<<健康で、良好で、気持ちの良い睡眠をとるように心掛けよ! 勿論、これは誰にも出来るわけではないが。しかし、これは最上の神経治療剤であり、内的興奮にとってもめだってよく効くものである。よい眠りのあとでは、事柄を全く違ってみるものであり、前の晩には巨人のようにのしかかっていた困難も、笑ってすますことが出来るのである。眠られぬ夜の為によりヒルティの言葉>>
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒルティの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする