2017年11月10日

思い出ベンチ

心のこもった言葉には素晴らしい影響力があります。公園のベンチ一つひとつに寄贈した人の優しさ、温もり、それにそれぞれの個性が伝わってくる言葉があります。この世に命を受け感謝して生きて来られた方々が、思い出ベンチに想いを込めて託されたのだろう素敵な言葉である。
DSC_1886.JPG

知らぬ間に公園の風景に溶け込み歩き疲れた人々への一時の休息の場を提供する思い出ベンチ。知らぬ間にその優しさの中でこの世の人々は新たな思い出ページを作り出す。
DSC_1873.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 素敵な言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

借景を楽しむ

眼下に見える我が家からの借景、四季の香公園の彩りに変化がでてきました。春には新芽がいっせいに出て来て新緑で埋まった公園は、夏の多量発生のセミの鳴き声でにぎやかな合唱の場となり、そして現在この時期には樹々によって色とりどりの葉が絨毯を敷いたようになった。

DSC_1934.JPG

DSC_1936.JPG

毎年繰り返される光景だが飽きることなく眺めているうちに時の流れを感じているこの頃だ。これから裸の樹が立ち並ぶ寒々とした公園となり、新しい四季の香を待ちこがれることだろう。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 四季 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

驚くべき生命力

我がベランダ農園で育ったメロンの四代目が、うどん粉病で枯れて全滅してしまい三年連続で収穫できた歴史が途切れたと思っていたが、先日のブログで取り上げた小さなメロンが見つかって四年連続となり四代目を名乗ることになった。
DSC_1937 (2).JPG

しかし、ビー玉程度の大きさでは種も出来ないないだろうと思ったが、念のためと割ってみると三個ほどの種が中から出てきた。果たして来年五代目が期待できるだろうか。
DSC_1939.JPG

因みにせっかくのメロンを味わってみるとほのかな甘みがあり、確かに正真正銘のメロンの味がした。来年芽が出て成長しメロンが実るようであれば驚くべき生命力である。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

長生きしたければ

今朝のNHKラジオ番組で高齢者の統計をとっていることで分かったことがあるとの放送があった。田舎で農業を続けた人と都会でサラリーマン生活を続けた人では、田舎で農業をする人が都会の人より平均寿命で8年程長生き出来ていると言うことだった。

地方で農業を続けた人が長生きするその理由を分析すると、高齢になっても続く次の三つのことが言えるそうです。@体を絶え間なく動かしている。A植物の育成で頭をよく使う。B地域住民の交流が盛んである。

これとは逆に都会に住む我々は定年退職した後は@体を動かすことが極端に減り。A子育ても終わり自由時間が多くのんびりすることが多い。B地域住民との交流は少なく人と話す機会が極端に減る。

いずれにせよ長生きしたければ貧乏暇なしとなり体を使い動き回ること、少し悩みを抱えてその解決に脳を活性化させて、地域住民と広く付き合い交流を重ねることで常に社会の中心にいることのようだ。私のようにギターとスローライフを愉しんではいけないようですね。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

地酒と八丈島物産店

この時期光が丘公園で毎年開催されるのが東京地酒と八丈島物産店でテント張りの中に東京の地酒や模擬店を出店している一種の秋祭りである。酒の全く飲めない自分は出かけたことはないが、各地東京の地酒や食べ物を十日ほど連続で提供しているらしい。
DSC_1933.JPG

利用される皆さんの行儀作法がいいのかそれとも関係者の対応が良いのか、早朝テントの前を通るころにはテント周りは綺麗に清掃されている。しかし、何故だか提灯だけはついたままのようである。秋の夜の楽しみの余韻をわざと残してあるのだろうか。平和な日本である。
DSC_1917.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする