2017年05月11日

薔薇が咲いた

緑の相談所の行き届いた適切な管理のもとに、新旧二つのバラ園の色とりどりの花が一斉に咲きはじめた。昨年開園したばかりのローズガーデンも一年経ち、より大きく育って数多くの花を咲かせ始めた。

DSC_1634.JPG

従来からある人気のバラ園も歩道橋を挟んで一足先に咲き始めている。これから暫らくはバラの花と微妙に違う香りをたっぷり味わえる贅沢な気分日々になった。今年も素晴らしいバラの花をながめることが出来るのを世話して頂く人々に感謝。

DSC_1635.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

定年退職後のお勧め

定年退職後自由になる時間を退屈することなく過ごすために自分なりに考えていたのが、現役中に旅先で聴いたギターの音色とネットで出会った数多くのブログだった。

ギターを始めるキッカケになったのが、欧州の街中の小さな噴水のある公園でアルハンブラの思い出を聴いたことでした。ビルに囲まれた公園でその音色が反響して何とも言えなかったことです。

すぐに感化されて退職したらギターを始めようと準備し、約4年前に定年退職し童謡の練習から始めて今日に至ります。しかし、高齢者には少々ハードルが高く遅々として進みませんが、それでも多くの仲間が自然と集まり毎週日曜日の午後一緒に愉しんでいます。

アルハンブラの思い出はユーチューブのお陰で色々な演奏家のものを聴くことが出来ました。パク・キョヒの演奏はその中でも格別で私も大変気にいっていて、いつかは弾けるようになりたいと願っています。

これらギターと退職後の気ままな生活をエッセイとして書き残そうと始めたこのブログも、既に1200記事を超えて訪問者も毎日100名前後で推移するようになり、全国の仲間との交流も出来るようになり愉しみの一つとなりました。現在261位 / 48261ブログ中
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

気になる木

毎朝ウォーキングで通る公園の中に曲がりくねった木があり何となく気になっている。全体がS字になったように伸びて尖端に申し訳なさそうに緑の葉があり、どんな環境でこんな木が育ったのだろうと思われる。

昔読んだトンチ問題で“曲がった木と掛けて何と解く?”というのがあったのを思い出す。それに対して“運動選手と説く”そしてその心は“柱(走ら)には成れない”

樹齢は少なくとも40〜50年以上はあるように見受けられるが、やせ細った幹とくねくねと曲がった姿は周りの樹木に比べて実にみすぼらしく感じられる。公園管理者に邪魔扱いされたのか、それとも日光不足だったのか、何か哀れみさえ覚える姿をしている。そんな感覚も高齢になった故だろうか。
DSC_1632 (2).JPGDSC_1631.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

我が故郷は

毎年この時期に故郷に住む兄と妹からの贈り物のチマキや野菜類の荷物が届く。兄が大切に育てた野菜類に妹の想いが伝わるチマキを詰め込んだ郵便物である。故郷を後にしている兄弟姉妹に毎年届けてくれるその気持ちが嬉しい。お互いに歳を取り残りの人生の方が圧倒的に少なくなってきて肉親を大切に思う気持ちが伝わってくるような贈り物だ。

チマキと言っても最近はあまり食べられていないようだが、自分の子供の頃はこの時期主食としてお腹を満たしていた。最後は固くカビの生えて来たチマキを囲炉裏で温めて食べたものである。食べるものが少なかった中で貴重なもち米と甘い黒砂糖でまぶしたきな粉をつけて食べるチマキは当時最高のごちそうであった。

もち米を竹の皮に包んで長い時間かけて蒸したチマキは、粘り気が出て美味しく食べられる。当時故郷では祖母が音頭を取って母や兄弟たちに色々指図しながら作り方を教えてくれたことを思い出す。今とは違いススで真っ黒になったカマドで、皆が其々の仕事を分担しながら出来上がったらいの一番に食べていたのも今は良き思い出である。

届いたチマキにキナコをまぶして食べながら、そんなことをひとつひとつ思い出している。“ふるさとは遠きにありて思ふものそして悲しくうたふもの”、確かに近くで何でも手に入る今の世においては、故郷で生活していてチマキを食べても思い出につながることもなく、今日の様な気分になることもなかっただろう。有難いかな我が故郷は遠きにありて思う。
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 追憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

モンゴル祭り

五月の連休は毎年恒例のモンゴル祭りが、光が丘公園で行われる。多くの特徴あるテントが公園の広場で何十張も準備万端だ。モンゴルがこれほど注目されるようになったのは恐らく大相撲が大きく貢献しているのだろう。

もともとモンゴル相撲も歴史が長く日本の大相撲と通じるところがあるのだろう。モンゴルから多くの若者が日本の相撲部屋に弟子入りして成功して来たことが、これだけの催しを開催することが可能になってきた理由の一つだろう。現役の横綱を含む関取衆が毎年顔を見せているようで、大きな体つきの人々が参加されているのを良く見かけます。

住民が高齢化して若者の数が減少した公園都市の光が丘、インターナショナルスクールも開校しているので各国の若者が集まる国際的な街となってさらに発展して欲しいものだ。
DSC_1630.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする