2017年05月06日

「アレクサ、今日の天気は?」

朝のラジオ番組で博報堂の人が米国でバカ売れの“アマゾン・エコー”の“アレクサ”の話をしていた。話しかけたら人工知能が全部対応してくれるそうです。日本でも我々高齢者にはあまり届いていないニュースで、ちらりと名前を聞く程度で私のように一体何のことやら分からない人も多いのではないでしょうか?

アレクサは、音声認識アシスタントシステムで、インターネットつながり音声を認識して色々な操作を実行してくれる会話対応ソフト。早い話がスマホの音声認識機能のようなもので、大きく違うのはスマホの機能だけに限らないということだそうです。日本ではロボット型で癒し系が多いのですが、こちらはシンプルで格安タイプ。

例えば「アレクサ、エアコンをオフにして」というとエアコンが切れる。「アレクサ、電気を消して」というと電気が切れる。「アレクサ、今日の天気は?」というと天気を教えてくれるというわけです。

しかも、アレクサは色々な質問に応えてくれたり、音楽の再生をしてくれたり、ニュース・Kindle書籍の読み上げはもちろん、スポーツのスコアまで、話しかけるだけで様々な情報を音声で提供してくれるそうです。

さらにはアマゾンの注文履歴から再注文を頼んだり、ピザを頼んだりすることも可能。価格は180ドル(約2万1200円)。
http://jp.techcrunch.com/2015/06/24/20150623amazon-echo-us-wide/
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

期待の葡萄

昨年最も大きく成長した葡萄の蔓、ひょっとして三年目となる今年は初収穫がと密かに期待していた。ところが隣のキーウイは新芽が大きく伸びて特徴ある大きな葉になっているのに、葡萄の方は一向に新芽が出て来ない。

蔓のあちこちに付いている芽らしきを注意深く見てみると、冬場の時期そのままで全く変化なし。如何したのだろうとよくよく見てみると、この冬の寒さに耐えかねたのか芽のままで枯れているではないか。鉛筆ほどに成長した蔓も、又、あちこちにカビが生えて枯れていた。期待していただけに残念。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベランダ農園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

いつの間にか

広い公園を二分する銀杏並木が真直ぐ続くこの通りは気に入っている場所の一つです。黄色い葉で秋を彩るこの並木も冬の間は閑散としてそれほど気を引く通りではないが、新芽が樹全体を覆うようになると際立ってくる。

夏場の暑い季節でも緑の葉をすり抜けた柔らかい日差しを感じることもあり、通りの両側に並んだ白い椅子には銀杏と同じ年代の人々が数多く思い出を語り会っている。多くの人々に気に入られたこの並木道がいつの間にか緑に包まれて、今朝も通勤通学に人通りが絶えることがない。
DSC_1628.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

生演奏を聴ける

今月10日に初めてパク・キュヒの生演奏が聴けることになった。ギタークラブの仲間の好意で割安のチケットが入手できた。勿論我がギタークラブの素敵なお嬢様方と一緒にタイトル通りに“風の色かおるギターの幸せ”を楽しみにしている。

彼女の演奏を最初に聴いたのはユーチューブであった。定年退職後にギター練習を始めるきっかけとなった“アルハンブラの思い出”を探しているうちに強い印象と繊細なその音色が際立っているのに魅かれて繰返し聴いたのが始まりだった。
https://www.youtube.com/watch?v=zQnBstCaosE&list=PL3Jqeisy43s2t0yTVvSzLpTfswplivrwN&index=2
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

朝の牛乳一杯

決まって飲むのが朝食後のコップ一杯の牛乳である。加齢が進むとカルシウム不足が生じて骨がもろくなり、折れやすいからと進められていやいやながら開始したものだが、このところこの一杯が無ければ落ち着かなくなってきた。

知合いの人が尻もちついただけなのに骨盤にヒビが入ったとか、足の骨が折れて長期入院を余儀なくされたというような話が伝わってくる度に薦められていたこともあり、洗脳されてしまったようで、退職後は飼いならされている身では逆らえずに飲み続けていた。

若い頃は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして苦手としていたが、最近は腸内に新しく酵母が出来たのかゴロゴロすることはなくなり美味しく感じるようになった。退職後に始まったこの朝の牛乳一杯が朝食時に欠かせない飲み物となっている。それに足の骨を折って寝込んでしまってそのまま立ち上がることなく召されたくない一心でもある。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする