2017年04月27日

深紅の色合い

久し振りの晴天の中、定期検査で病院まで出かけた。加齢に伴うもので特別なこともなく平日にもかかわらず外来患者も少なく、一連の検査と面談をあわせても珍しく一時間もかからず終わる。毎回昼飯時に立ち寄る馴染みの食堂“ワシヤ”に行くにも早すぎるので直帰した。

駅を出て帰りに通った道路に陽の光を浴びて色鮮やかな「サツキツツジ」が歩道に沿って咲いていた。その中でも際立った深紅の色合いで自分と同じ故郷の「キリシマツツジ」があり、印象的だったので写真に撮ってみた。
DSC_1606.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

趣味の世界

人間には趣味の世界がある。それぞれが持つ個性に合わせて趣味も違っているのが普通である。自分も遅ればせながら趣味の世界を持とうとしている。それが、クラッシックギターであり、折紙であり、早朝ウォーキングである。何れもスタートしたのが定年間近になってからのためか、全く進歩がみられない。それでも楽しさは抜群である。

人間に趣味がなかったら、この世の争いももっと多く起きていただろうと思う。趣味の世界は人々をクレージーにもするが、平和主義を育てることもする。他人に気兼ねすることなく、又、危害を加えることなく時間を過ごすことができるので、その間は争いも起きることなく平和な時になる。趣味とはそんな面を持つ高級な遊びでもある。

世の中に趣味がなかったら、人生はどんなに変わっていただろうか。何一つ余裕のない生き方をしていたかも知れない。趣味はどちらかといえば、遊びの要素が高く日々の生活にゆとりを持たせる潤滑剤の役割を持っているといえる。それが、たまに高じてプロとなる人もいるが、いずれにせよ、殆どの人が楽しむためのものとして受け止めている。

今はギターと折紙が自分の趣味とは言いつつも、もう少し上手になりたい、人により多く注目してもらいたいというような気持ちは可笑しなものだ。人間というものはビジネスだけでなく、趣味の世界でも自己顕示欲があるのだろう。趣味の世界だから自分だけで楽しめれば良いものを、何時までも世俗的なところが、又、人間らしいのかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

タンポポ

タンポポの黄色い花が咲いている。同じ株に既に今にも風に吹かれて旅立つ準備をしている種も同居している。果樹で言えば花と熟した実が同居したようなものだ。

殆どのタンポポは外来種で、食用にと輸入され育てられたのが始まりだというのをどこかで読んだことがある。しかし、毎朝ウォーキングする都立公園内には日本古来の関東タンポポの自生地という立て看板と囲みがある。関東タンポポの特徴は、黄色いはなびらの下の部分を覆っている緑の細い葉のような部分が上を向いたままだと説明ある。写真ではピントずれで見分けがつかないので検索して比較写真を見たがそれでも見分けが難しい。
DSC_0958.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

人生と空港

空港という場所と言葉がある。勿論旅やビジネスへの出発点である。これまで何十回もその空港を利用させてもらったことだろうか。テレサテンの歌の中にも空港というタイトルで好きな曲がある。淋しい別れの歌だが一人旅を続ける者にとっては心地良い響きがあり今では空港を利用する旅では手放すことの出来ないものになっている。

ビジネスで利用する空港は常にあわただしく時間ばかりを気にして動き回っている。巨大空港ではターミナル間の移動に電車を使わなければならないほど大きく、又、タイムリーに移動できなければ乗り遅れる心配もあり何となく落着かない。時として遅れや出発ゲートの変更等があり実に精神的にも疲れるものである。

全ての仕事が終わり帰国のための空港もある。其処には程よい疲れと安堵感があって一風違った感覚である。勿論テレサテンを聴きながらの機内は一人を十分に楽しめる。それが何処の空港からであっても同じように静かにその時を楽しんでいる。見知らぬ人の群れの中を一人静かに待つ空港、そんな言葉が良く似合うところである。

人生はその時々を空港利用しているようなものだろうか。多くの出来事が起きるけれど何れも何かのきっかけがあり、終わりがある。その繰り返しが永遠に続くものだろう。繰返すその中で人それぞれの人生観が生まれてくるのだろう。自分の場合それが一人になって静かにテレサテンの曲を楽しんで、又、次に備えることかもしれない。
posted by Tommy at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

仲間が現れた

どんなに下手なギターでもいつも正面を向いて黙って耳を傾けてくれる心優しい我が友のカエル君に突如二匹の仲間が応援に加わった。

Windows 10になってからデスクトップのスクリーンが好み調査を兼ねて不定期に変わるので面白いとは思っていたが、まさかパソコンの外にあるカエル君を見つけて何らかのアクションを起こしたわけでもあるまい。奇遇なので写真に撮ってみた。
DSC_1600.JPG
posted by Tommy at 04:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ギター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする